高安城
高安城

[奈良県][大和] 奈良県生駒郡平群町


  • 平均評価:★★☆☆☆ 2.36(--位)
  • 見学時間:43分(--位)
  • 攻城人数:57(1423位)

高安城の城主メモ 投稿順

道を隔てて本丸と、二の丸三の丸が分断されている。城跡の案内板(石碑)は山頂ではなく気象レーダーの側にある。

(2019/10/13訪問)

信貴山側から攻城。古代高安城跡は倉庫跡の礎石が残っています。また中世高安城は曲輪を囲む土塁や横堀が残っていますが、本丸、三の丸は藪になっており全体はつかめず、辛うじて二の丸だけが判別できる状態でした。
また城跡の入り口にも曲輪にも何も案内がなく、城址碑は少し離れたレーダーサイトの敷地に(しかも今は工事中で工事の足場の中に)、略図のある石碑はかなり離れたケーブル高安山駅のところにあり、事前に調べておかないと見落としてしまうと思います。

(2020/10/24訪問)

信貴山城松永屋敷から高安城倉庫趾までは登山道を徒歩で20分程度。途中、登山道の両脇に堀切のような遺構が見られましたが、案内板など無く、城址との関連は不明でした。

(2021/07/04訪問)

倉庫趾には礎石がしっかり残り、遥か彼方に東大寺大仏殿も見えました。

(2021/11/06訪問)

当初、攻略方法を悩みましたが、現地での判断で、信貴山城松永屋敷から高安城址を攻城。アップダウンの少ない快適なハイキングロードです。

(2021/12/31訪問)

高安城跡碑は気象レーダー観測所横にありますが、徒歩10分くらい信貴山方面に行った所にある、当時の高安城倉庫址も合わせて見ておきたいものです。

(2022/05/05訪問)
フォローしませんか

攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
(フォローするのに攻城団の登録は不要です)

今日のレビュー

信濃の山城と館 第4巻(松本・塩尻・筑摩編)―縄張図・断面図・鳥瞰図で見る

信州の城郭を調べるためのバイブルとも呼べるものです。この巻だけでなく全巻揃えています。探索する際には本書の図を用いています。全巻に共通しますが、縄張図だけでなく、元美術教師だけあってその鳥瞰図は秀逸です。各地の城館の説明図などにも用いられているほどです。本巻は信州の中でも松本地方は小笠原氏の城など、城が多い地域で、それらの城館を紹介しています。県内の図書館などにはあるはずなので、攻城の際には間違いなく役立ちます。

赤いRVRさん)

書籍ページを表示する

すべてのレビューを表示する

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る