彦根城
彦根城

[滋賀県][近江] 滋賀県彦根市金亀町1-1


  • 平均評価:★★★★☆ 4.10(11位)
  • 見学時間:1時間49分(10位)
  • 攻城人数:2613(2位)

彦根城の城主メモ(529件) 最新順

米倉跡から見られる登り石垣は必見です

(2019/06/23訪問)

表御門からではなく、敢えて大手御門から攻城。
何とも歩きにくい坂道を登り大堀切横、廊下橋を渡り本丸へ。
天秤櫓の内部が一般公開されていることは知らなかったのでラッキーでした。
逆に国宝の天守が改修工事中であり、足場が組まれていました。
漆喰の補修でしょうか・・・
ですが、こんな彦根城はなかなか見ることができず、貴重な姿を見学できました。
天守には登ることができましたので、「敵の侵入を防ぐ様々な機能を持ったお城」を内外から充分堪能することができました。

(2019/07/12訪問)

スタンプ押したくて来たんだけど、入城しなくても押せた(๑°ㅁ°๑)

(2019/07/12訪問)

山城もいいですが、やっぱり平山城は壮大なスケールです。
離れたところからの天守の眺めは最高でし。

(2019/07/07訪問)

天秤櫓周りを始めとして、関ヶ原後に作られたものとは思えないほど、鉄壁の守備を誇ります。
玄宮園から臨む天守閣も美しく、城下町も広範囲にしっかり整備されており、とても短時間では堪能できません。

(2019/07/05訪問)

桜祭りと気付かずに行きましたが、駐車場も運良くすんなりと近くに入れ、それほど並ばずに入場も出来ました。桜と共にとてもキレイなお城。見るものも多く、充実してます。

(2017/04/08訪問)

本物

(2018/--訪問)

ちょうど桜が満開のときに行きました。撮影スポットとして有名な外堀の水面に映る夜桜がとてもきれいでした。彦根城落とし橋はとても特徴的で面白い構造をしています。天守閣へ入ろうと思いましたが、1時間半待ちだったので断念。また今度行きたいと思います。

(2019/04/13訪問)

天守が修復されていたものの、彦根城がやっぱり素敵

(2019/06/09訪問)

梅雨入りしたにもかかわらず青空に恵まれましたが…4月11日から9月30日まで天守他の保存修理工事中で足場が架かってました!

(2019/06/08訪問)

近くに住んでいるので何回か足を運んでいるが何度でも来たくなる場所。
百名城スタンプラリーのある開国記念館もよいところだった。

(2019/06/01訪問)

見どころはいっぱいあり、何回も来たいお城です!!
天守で横になると、琵琶湖からの風がとても気持ちいいです!!

(2014/09/09訪問)

久しぶりに来城
お堀、石垣、天守どれも満足しているが、改修工事時期であったのが残念

(2019/05/23訪問)

長浜城~下坂氏館跡(未登録)攻城後に攻略。現地到着が18:30前であったため、中堀沿いを周回して攻略とする。日も沈み、ライトアップされた天守・各櫓・石垣が水堀に浮かび「美しい」のひとこと。これを平成最後の攻城とする。

(2019/04/30訪問)

数々のドラマでもロケ地に使われてるので、聖地巡礼も兼ねて行くと、面白さ倍増でした。
何度見ても、天守カッコいい...。

(2019/05/19訪問)

家族

(2014/05/06訪問)

桜の季節は圧巻です。

(2018/04/01訪問)

ゴールデンウィーク中に言ったので天守閣へ入るのは90分待ちとのこと。空いているときにもう一度攻城したい。

(2019/05/02訪問)

石垣の保存状態が悪かった

(2019/05/02訪問)

天守は小さめですが、見た感じはなんか、なかなかかっこよいとおもいました。

(2017/11/25訪問)
フォローしませんか

攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
(フォローするのに攻城団の登録は不要です)

今日のレビュー

いくさの子 1―織田三郎信長伝 (ゼノンコミックス)

「花の慶次」や「北斗の拳」を描いた原 哲夫氏 作画、織田信長が主人公のコミック。
幼少期から物語はスタートし、11巻現在、桶狭間の戦い前までとスローペースな進展。おぉーい!信長の人生描ききれるかぁ?(笑)とちょっと心配ではある。
コミックですし、キャラクターは濃いので、気楽に楽しめます。

たなとすさん)

書籍ページを表示する

すべてのレビューを表示する

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る