林野城
林野城

[岡山県][美作] 岡山県美作市林野


  • 平均評価:★★★★☆ 4.00(--位)
  • 見学時間:1時間30分(--位)
  • 攻城人数:17(2470位)

林野城の城主メモ 最新順

三星城とセットで攻城。
登山道が整備されており登りやすかったです。
鹿と2回遭遇しました。

(2020/08/29訪問)

お墓の外れに案内板がありわかりやすく遊歩道が付けてあります。主郭に入ったら昔の共同アンテナの配線をたどると迷いません。結構な広さがあり何段にもなっています。

(2020/03/29訪問)

最寄りの駅はJR姫新線林野駅。城跡の麓にある安養寺を目指し、美作市の施設(職員官舎)の裏手にわかりやすい案内板がある。三星城の支城なのでもう少しこぢんまりとしたものを想像していたが、結構見所がある。主郭までの道は登りやすいが、あまり人が来ていないようで、主郭あたりは草が深くなった。二の郭からの見晴らしが素晴らしい。安養寺に遠州作庭とされる庭がある。事前にメールで見学をお願いしていたので、快く案内していただいた。

(2017/11/28訪問)

元は三星城の支城でしたが尼子氏、宇喜多氏、小早川氏など美作地域を支配した大名はこの城に重臣を在城させており、ゲーム「信長の野望」では覇王伝の頃から度々美作国の本城扱いされるお城です。現地、三星城は道に看板があるのですが林野城にはありません。ハローワーク美作もしくは安養寺を目指して登城してください。また安養寺は城主館跡で、その庭は小堀遠州作のものだと言われています。

(2016/12/19訪問)
フォローしませんか

攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
(フォローするのに攻城団の登録は不要です)

今日のレビュー

知っておきたい 名字と家紋: 各家のルーツを伝える「ふたつの象徴」を読みとく (河出文庫)

姓と名、名字と苗字の起こり。姓から名字の系譜からはじまり、どういう家紋になっていったのかを由来と系統を含めてコンパクトに説明してくれています。聞き齧っていた知識が「こういうことか」とわかった気になりました。

コースケさん)

書籍ページを表示する

すべてのレビューを表示する

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る