歴史の風()さん 家老 サポーター   フォロー

滋賀県内の山城を中心にボチボチ勢力を拡げつつあります :-)
百名城、百名山、魚釣りとアウトドアが忙しいですがクビをはねられない程度に楽しみます。
令和二年は光秀バッジを狙います!

歴史の風さんのタイムライン

歴史の風さん が  指月伏見城(京都府京都市) の写真をアップしました(2020-11-29)

伏見奉行所跡
伏見奉行所跡

酒蔵風の団地の入口にありました。

歴史の風さん が  指月伏見城(京都府京都市) の写真をアップしました(2020-11-29)

マンション下の石垣
マンション下の石垣

歴史の風さん が  伏見城(京都府京都市) の写真をアップしました(2020-11-29)

野球場から
野球場から

昭和遺産とわかっていてもバッと目に入るとウワッと思ってしまいます。

歴史の風さん が  伏見城(京都府京都市) の写真をアップしました(2020-11-29)

黒田長政下屋敷跡参考地
黒田長政下屋敷跡参考地

墨染通りから北堀公園に向かう丁字路にありました。

歴史の風さん が  指月伏見城(京都府京都市) を攻城しました(2020-11-29)

歴史の風さん が  伏見城(京都府京都市) を攻城しました(2020-11-29)

歴史の風さん が  美濃金山城(岐阜県可児市) の写真をアップしました(2020-11-27)

大堀切
大堀切

でかい堀切でした。

歴史の風さん が  郡上八幡城(岐阜県郡上市) の写真をアップしました(2020-11-27)

堀越峠中腹から
堀越峠中腹から

峠を少し下ったココか!というところには路駐厳禁の横断幕がありました。
もう少し下ると車1台停められる出丸があったのでそこに停めて撮りました。

歴史の風さん が最近のひとことを更新しました(2020-11-26)

一昨日、美濃金山城に登城した際遭遇したカモシカです。南腰曲輪でカサッと音がした方を見るとヤツがいました。特に攻撃的でもない様子なのでじっとしていると、どんどんこっちに寄って来て目も合い一瞬身構えましたが、のんびり散歩している風で曲輪の縁を歩いて去って行きました。ビデオを撮ったつもりでしたがきっちりスイッチを押せていなかったのかただレンズを向けていただけでした。千載一遇のチャンスを失敗してしまい痛恨の極みです...
5m位まで最接近したのでクマだったらちょっとヤバいところでした。

歴史の風さん が  甘崎城(愛媛県今治市) を「行きたいお城」に登録しました(2020-11-26)

歴史の風さん が  小牧山城(愛知県小牧市) を攻城しました(2020-11-26)

歴史の風さん が  犬山城(愛知県犬山市) を攻城しました(2020-11-26)

歴史の風さん が  美濃金山城(岐阜県可児市) を攻城しました(2020-11-26)

歴史の風さん が  苗木城(岐阜県中津川市) の写真をアップしました(2020-11-26)

高森神社下から
高森神社下から

恵那山をバックに入れるにはベストポジションかも知れません。

歴史の風さん が  苗木城(岐阜県中津川市) の写真をアップしました(2020-11-26)

城山大橋から
城山大橋から

砦感が半端ないです。
橋のたもとの駐車場に停めて、走って撮りに戻りました。

歴史の風さん が  郡上八幡城(岐阜県郡上市) を攻城しました(2020-11-26)

歴史の風さん が  岩村城(岐阜県恵那市) の写真をアップしました(2020-11-26)

六段壁
六段壁

霧ヶ城だけあってちょっとガスられました。

歴史の風さん が  苗木城(岐阜県中津川市) を攻城しました(2020-11-26)

歴史の風さん が  岩村城(岐阜県恵那市) を攻城しました(2020-11-26)

歴史の風さん が  男鬼入谷城(滋賀県彦根市) の写真をアップしました(2020-11-16)

三重堀切から見上げたⅠ郭
三重堀切から見上げたⅠ郭

倒木で堀切が埋もれて少し残念な状態です。

このアカウントをフォローすれば「最近のひとこと」などの活動履歴をもれなくチェックすることができます。
フォローしませんか

攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
(フォローするのに攻城団の登録は不要です)

今日のレビュー

戦国の城の一生: つくる・壊す・蘇る (歴史文化ライブラリー)

僕らは攻城の折に、何もない城址だとつい「残念ながら遺構は見られない」と思い、書いてしまいますよね。事実そう感じてしまうことで仕方ない。そんな中でも何かいい所を見つけて書きたいものです。そんなご同輩や私に、この本!
城って、造るのが大変で注目されるのはそこだと思いますが、落城することもあれば、天災で壊れそのまま廃城になることもあったわけで、そうした例を数多くの文献を引用して紹介してくれています。完全に破却される城がある一方、現代も遺構がある城址も存在する訳や、植栽の手入れやごみ・糞尿の処分などメンテナンス、門限や賭け事などのルール(城掟)といった生活観まで教えてくれます。
城掟ってものが残っていることを知りました。機会があれば見てみたいな。

こーたさん)

書籍ページを表示する

すべてのレビューを表示する

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る