山中鹿之介()さん 奉行   フォロー

(未入力) 

山中鹿之介さんのタイムライン

山中鹿之介さん が  山崎城(京都府大山崎町) の写真をアップしました(2024-02-25)

秀吉の出世石
秀吉の出世石

座りたい……でもガマン
天王山で秀吉が座って、指揮を取ったと言われています。

山中鹿之介さん が  尼崎城(兵庫県尼崎市) の写真をアップしました(2024-02-23)

萩原一青さんの手拭い
萩原一青さんの手拭い

お城手拭い。全部欲しいです。

山中鹿之介さん が  尼崎城(兵庫県尼崎市) の写真をアップしました(2024-02-23)

天守
天守

一番良い眺めではありませんか?

山中鹿之介さん が  花隈城(兵庫県神戸市) の写真をアップしました(2024-02-23)

登城口
登城口

石組みにワクワクしますが、昭和の再現なのです。

山中鹿之介さん が  伏見城(京都府京都市) の写真をアップしました(2024-02-04)

模造大小天守
模造大小天守

中には入れませんよ!!

山中鹿之介さん が  指月伏見城(京都府京都市) の写真をアップしました(2024-02-04)

説明板
説明板

勿体ない気がしましたが仕方ありませんね

山中鹿之介さん が  上月城(兵庫県佐用町) の写真をアップしました(2024-01-15)

柊神社
柊神社

築地方面途中にある柊神社。
ホラー感すら感じてしまいます。

山中鹿之介さん が  上月城(兵庫県佐用町) の写真をアップしました(2024-01-14)

尼子橋
尼子橋

上月城で散った尼子一党の追悼記念碑が数点あります。

山中鹿之介さん が  亀山城(京都府亀岡市) の写真をアップしました(2024-01-08)

天守台石垣
天守台石垣

下から13段目までが穴太積みだそうです!
数えてみて下さい!!

山中鹿之介さん が  亀山城(京都府亀岡市) の写真をアップしました(2024-01-08)

明智光秀像
明智光秀像

金柑頭ではありませんでした。

山中鹿之介さん が  吉野城(奈良県吉野町) の写真をアップしました(2023-11-26)

火之見櫓
火之見櫓

大塔宮護良親王はこちらにも籠っていたそうです

山中鹿之介さん が  河後森城(愛媛県松野町) の写真をアップしました(2023-10-21)

登城マップ
登城マップ

徒歩の方はこの通り歩くと良いですよ、お薦め。

山中鹿之介さん が  神足城(京都府長岡京市) の写真をアップしました(2023-10-16)

土塁
土塁

堀は雑草で見れませんでした。
唯一ブロックで舗装された土塁に名残りを見ることができます。

山中鹿之介さん が  勝龍寺城(京都府長岡京市) の写真をアップしました(2023-10-16)

逆さ勝龍寺城
逆さ勝龍寺城

地元の方の熱意が激しく伝わってきました。

山中鹿之介さん が  福山城(広島県福山市) の写真をアップしました(2023-10-09)

マンホール
マンホール

カープ坊や風水野勝成と福山城と蝙蝠

山中鹿之介さん が  能島城(愛媛県今治市) の写真をアップしました(2023-10-08)

在りし日の能島城址と村上水軍
在りし日の能島城址と村上水軍

水軍恐るべし。

山中鹿之介さん が  竹田城(兵庫県朝来市) の写真をアップしました(2023-10-01)

南千畳と南二の丸
南千畳と南二の丸

日本のマチュピチュ、美しいですね。

山中鹿之介さん が  高知城(高知県高知市) の写真をアップしました(2023-09-29)

天守
天守

三ノ丸広場から見た天守閣。

山中鹿之介さん が  岡豊城(高知県南国市) の写真をアップしました(2023-09-24)

史跡石碑
史跡石碑

岡豊城址石碑です。

山中鹿之介さん が  引田城(香川県東かがわ市) の写真をアップしました(2023-08-28)

本丸石垣
本丸石垣

讃州井筒屋敷から歩いて10分で登城口、麓から20分で本丸まで行くことができます。

このアカウントをフォローすれば「最近のひとこと」などの活動履歴をもれなくチェックすることができます。
フォローしませんか

攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
(フォローするのに攻城団の登録は不要です)

今日のレビュー

教科書には書かれていない江戸時代

「教科書には書かれていない」というワードと、教科書会社出版という2つにひかれて手に取った本です。
教科書に書かれている事実(とされている事柄)の間を丹念に埋めるような内容です。
「参勤交代の経済学」は、面白かったです。「大名は本陣に泊まるときには、宿泊料を払わなかった」とか、「『超高速参勤交代』は、超高速じゃなかった」とか、「参勤交代で、行列同士が出会ったら」とか、面白くて一気に読みました。
あとは、「武士道と切腹」「幕末のとある旗本の一生」「天璋院篤姫」「徳川慶喜はなぜ大政奉還したのか」「江戸の庶民」「江戸の学問、名君池田光政と花畠教場・閑谷学校」など、事実だけではなく、そこに至る経緯、人の思惑、顛末など教科書のすき間を埋める事柄がたくさん書かれています。
授業で教えてくれたら、面白かっただろうな、でもきっと決められた時間数では終わらないだろうな、なんて考えながら読みました。

黒まめさん)

書籍ページを表示する

すべてのレビューを表示する

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る