ぽりへり()さん 侍大将 サポーター   フォロー

お城に関する読書、縄張り図からの拡大空想(笑)、模型作りはもちろんのこと、写真を撮りに行くことが特に好きです。
撮影ジャンルが複数で、主な量の比率は、お城:クルーズ客船:航空機:植物=3:3:2:2。
それぞれのテクニックはまだ無いですが、温故知新を楽しく続けていきたいです。どうぞよろしくお願いいたします。

ぽりへりさんのタイムライン

ぽりへりさん が最近のひとことを更新しました(2019-08-17)

読者投稿欄のお題・城下町グルメにちなんで、かつての「城内グルメ」の場所をおひとつ。
写真は2012年6月9日に撮影した、熊本城 本丸御殿の2階部分・予約制和食処です。
すぐ上にある太い梁に復元された手斧掛けも美しい・・・。
ここでは、約200年前の熊本料理のレシピ帖を元に現代アレンジを加えたとされる「本丸御膳」をいただきました。
特にヒラメの刺身に付けた梅ベースのタレが気に入ったので、帰宅後に再現を試みるもうまくいかず、
熊本城は「味」においても難攻不落であると実感しました。
現在は別の場所で「本丸御膳」を食べることができるそうです。

ぽりへりさん が  徳島城(徳島県徳島市) の写真をアップしました(2019-08-03)

アベリアと数寄屋橋 2019
アベリアと数寄屋橋 2019

ぽりへりさん が  徳島城(徳島県徳島市) を攻城しました(2019-08-01)

鷲の門広場(旧・三木曲輪)が、8月11日に阿波おどり前夜祭「サウンドフェスティバル2019」の会場になるため、歩行できる幅が当日までは狭まるそうです。
今回のゲストは、DA PUMPさんとフェアリーズさん。

ぽりへりさん がイベント「こうの団長とめぐる二条城ガイドツアー(第5回、9/22開催)」に参加者コメントを入力しました(2019-08-01)

2年ぶりに参ります。二条城の新情報解説を楽しみにしております!

ぽりへりさん がプロフィールを更新しました(2019-07-19)

お城に関する読書、縄張り図からの拡大空想(笑)、模型作りはもちろんのこと、写真を撮りに行くことが特に好きです。
撮影ジャンルが複数で、主な量の比率は、お城:クルーズ客船:航空機:植物=3:3:2:2。
それぞれのテクニックはまだ無いですが、温故知新を楽しく続けていきたいです。どうぞよろしくお願いいたします。

ぽりへりさん の読者投稿欄「NHK大河ドラマの主人公に取り上げてほしい戦国武将は誰ですか」への回答が公開されました(2019-07-01)

●加藤清正・・・2040年代以降、熊本の復興が進んだ頃にぜひとも!
        2012年に熊本へ旅行した時、加藤神社で大河ドラマ推進への署名をしたことがあります。
●三好長慶・・・徳島県にある勝瑞城館跡の発掘調査などが続き、今後にもっと詳しいことが明らかになれば、それらも取り込んでいただきたいです。

ぽりへりさん が  土佐泊城(徳島県鳴門市) を攻城しました(2019-06-23)

鳴門市出身の故・本田昇氏の縄張り図によると、前期に築かれた曲輪(現在の呼び分けでは「古城」)が潮明寺の南隣の山にあったそうです。
境内に建つ紀貫之歌碑の奥斜面に、かつての登城路らしき坂が見えますが、草木が多く、立ち入りの可否も不明なので眺めるだけに・・・。
なお、南海病院の敷地にもなっている曲輪は後に拡張された部分で、「新城」と呼び分けられることがあります。

ぽりへりさん が  牛岐城(徳島県阿南市) を攻城しました(2019-06-03)

ぽりへりさん が  名古屋城(愛知県名古屋市) を攻城しました(2019-06-03)

ぽりへりさん が  川島城(徳島県吉野川市) を攻城しました(2019-06-03)

ぽりへりさん が  徳島城(徳島県徳島市) を攻城しました(2019-06-03)

ぽりへりさん が  清洲城(愛知県清須市) を攻城しました(2019-06-03)

ぽりへりさん が  徳島城(徳島県徳島市) を攻城しました(2019-06-03)

ぽりへりさん が  姫路城(兵庫県姫路市) を攻城しました(2019-06-03)

ぽりへりさん が  姫路城(兵庫県姫路市) を攻城しました(2019-06-03)

このアカウントをフォローすれば「最近のひとこと」などの活動履歴をもれなくチェックすることができます。
フォローしませんか

攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
(フォローするのに攻城団の登録は不要です)

今日のレビュー

大阪城話

ブックオフで見つけました。知る人は知る、知らない人は知らない本の内容です。
①大阪城と和歌山城は兄弟(姉妹)城の関係に有る
②名護屋城博物館所蔵の「肥前名護屋城図屏風」は世に出る前、小さく折り畳んだ状態で大阪城天守閣に持ち込まれた
③江戸時代の時間は日の出と日の入りを境に一日を二分し、それぞれ六等分して一時(とき)としたので、夏至・冬至の頃は昼と夜の時間が倍ほど違った
⑤大阪城石垣のふるさとの小豆島には「大阪城残石記念公園」がある
等でなかなか興味を引かれましたが、後半は著者の個人的な話が多くもう一つかも。

村の芳ちゃんさん)

書籍ページを表示する

すべてのレビューを表示する

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る