まだすべての情報を掲載できていませんが、順次加筆していきます。
かたのはらまつだいらけ

丸に利の字 形原松平家

形原松平家の概要

大名種別
いわゆる親藩・譜代・外様の分類
譜代
大名の格
幕府が定めた大名家の格付け
城主
石高
歴代当主が与えられた最高石高
5万石
控えの間
江戸城に登城した際に待機する部屋(詰所)
帝鑑之間
爵位
1884年(明治17年)の華族令制定時に与えられた爵位
子爵

形原松平家の歴史

三河国形原郷を拠点としていたため、親藩の松平家と区別して形原松平家と呼ばれる。
初代・家信は酒井忠次の配下として徳川家に仕え、「小牧・長久手の戦い」や小田原攻めに加わって上総国五井に5千石を与えられた。1601年(慶長6年)に旧領の形原を与えられ、1618年(元和4年)、5千石を加増されて三河国形原藩1万石の譜代大名として封じられた。
翌年、摂津国高槻藩2万石に転封。その後、さらに2万石を加増されて下総国佐倉藩4万石に転封となった。
2代・康信のときにも加増は続き、丹波国篠山藩5万石に封じられる。畿内の要衝を任され、1660年(万治3年)には落雷で壊れた大坂城を修築し、翌年は京都御所炎上に際して京都の守護に当たった。

幕閣としては、5代・信庸が老中に任命され、8代将軍・吉宗が現われるまで幕政を動かした。信庸は藩政においても学問向上にも努め、儒学者・松崎蘭谷や和算家・万尾時春らを招いている。
6代・信岑のとき、丹波国亀山藩5万石へ転封される。8代・信道は1788年(天明8年)の京都の大火(天明の大火)の折、二条城や禁裏を警固した功績から奏者番兼寺社奉行に任命され、老中・松平定信の側近として幕政に関与した。12代・信義は老中に任命され、生麦事件や薩英戦争などの処理を担当している。

13代・信正が幕末を迎えたときの藩主で、亀山藩の総意として佐幕派の意思を示した。しかし、西園寺公望の率いる新政府軍を前に降伏し、版籍奉還を経て信正は亀山藩知事になる。このとき、伊勢国亀山藩との混同を避けるため、亀岡藩と改称した。
信正は後に子爵位を授けられている。

形原松平家の歴代当主

  1. 松平家信
  2. 松平康信
  3. 松平典信
  4. 松平信利
  5. 松平信庸
  6. 松平信岑
  7. 松平信直
  8. 松平信道
  9. 松平信彰
  10. 松平信志
  11. 松平信豪
  12. 松平信義
  13. 松平信正

形原松平家が藩主をつとめた藩の履歴

江戸幕府が樹立された1603年(慶長8年)から、廃藩置県が断行された1871年(明治4年)までの期間において、形原松平家の当主が藩主をつとめた履歴です。

高槻藩 2万石

1619年(元和5年)〜1635年(寛永12年)

高槻藩 3万6千石

1640年(寛永17年)〜1649年(慶安2年)

形原松平家の家紋

  • 丸に利の字

    丸に利の字

このページに記載してある内容の大半は 榎本事務所に寄稿していただきました。ありがとうございます!
   

この記事をいろんなキーワードで分類してみましょう。

この記事のURLとタイトルをコピーする
これからあなたが訪問するお城をライフワークとして記録していきませんか?(過去に訪問したお城も記録できます)新規登録(登録は無料です)

あなたのお城巡りをより便利に快適に、そして楽しくするためにぜひ登録してください。

新規登録(登録は無料です)

フォローしませんか

攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
(フォローするのに攻城団の登録は不要です)

今日のレビュー

よみがえる名城白亜の巨郭徳川の城―決定版 (歴史群像シリーズ)

現存天守である姫路城を遙かに凌駕した寛永期江戸城や駿府城・徳川期大阪城など、再現されているだけでワクワクします。徳川期城郭の主役、藤堂高虎一代記もとても興味深かったです。天下統一なった徳川だからこそ実現した白亜の大規模城郭が堪能できます。

hiro.Eさん)

書籍ページを表示する

すべてのレビューを表示する

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る