光る君へ

御屋形 攻城団編集部

2024年のNHK大河ドラマ「光る君へ」を楽しんでいる方のためのルームです。誰でも参加できます。

光る君へ

ドラマの感想や期待など自由に書いてください。みんなで楽しみましょう!

大河ドラマ「光る君へ」|NHKオンライン

【注意】
大河ドラマに限らず感想は人それぞれですが、わざわざ負の感情をこの場で共有することはお控えください。
ここは楽しんで見ている人たちのルームです。

終了日 2025-01-31 23:59:00まで 自動延長あり

ルームには直近180日以内のコメントが表示されます


12/01 12:41
藤式部卿さん

あら、いつの間にやらこんなルームが。もう師走ですから、来年の大河ドラマの話題も出て来る訳ですね。平安時代については詳しくないので、純粋にストーリーを楽しめそうです。個人的には、藤原隆家推し!。


12/20 18:27
ぐこさん

滋賀県大津へ攻城に行きました。
駅などにも一月からの石山寺の大河ドラマ館のパンフレットなどが置いてあったりして、来年の大河を盛り上げてました。
前からいたキャラクターなのかもしれませんが(大津ひかる君クリームパン&あんぱん)買って帰りました。ひかる君、カワイイけどモテなさそう。


01/05 14:30
大和宰相さん

大河ドラマ「光る君へ」本作は、主人公紫式部/まひろの生涯を特別な絆で結ばれたのちの最高権力者藤原道長を中心とした華やかな平安貴族の文化とともに描く番組とのこと。藤原氏は、天皇に娘を入内させ皇子を得るとその皇子を次の天皇に立て、自らはその外祖父として摂政・関白として宮廷の頂点を極め、高位高官を一族でかためます。注目したのは道長の妻のうち臣籍降下した賜姓源氏の貴族たちが描かれることです。平安時代や藤原摂関家について不得手の方にはお勧めしたいのが道長に信任され権大納言にまで至った摂政藤原伊尹の孫藤原行成の日記「権記」です。「権記」は、当時の政務運営の様相や権力中枢、宮廷を把握するための一級の資料とされます。また、学生時代の古典教科書にもあった「大鏡」が藤原氏の栄華を伝える歴史文学として知られています。それぞれの講談社学術文庫の現代語訳本には、史実や人物の解説もありますのでお試しあれ。


01/09 17:58
藤式部卿さん

第一話視聴しました。年始からの関連番組を何本も見ていたので、スンナリ作品に入り込めましたが、初回から予想外の展開で驚きました。大河ドラマだと大抵の話の流れは把握しているのですが、今作の時代は馴染みがないので、ストーリー自体で楽しめそうです。それにしても、藤原道兼の暴れん坊ぶりは恐るべし。母親の時姫には、是非ともお仕置きして欲しいものです(笑)。


02/05 18:33
藤式部卿さん

毎回、天皇家と藤原家の系図で人間関係を確認しながら、楽しく視聴しています(笑)。蜻蛉日記を書いた「藤原道綱の母」の藤原道綱って、藤原道長の異母兄なんですね。へぇ。嫡出ではなかったため、官位競争ではなかなか厳しい立場だった様ですが。


02/05 19:47
とらのすけさん

自分も毎回楽しく視聴しています。第一話は「NHKさん、これPG12ですか~?」と思いましたが…常に話に引き込まれています。ただ、知識が無いもので(汗)たとえば赤染衛門って誰?百人一首の人?完全に忘れている!夫が大江氏で広元のご先祖様?!ってことは毛利家のご先祖様?!等、ストーリーとは違う所でも楽しんでいます(笑)


02/05 20:46
ぐこさん

私も(光る君へ)楽しく視聴しています。ドラマチックなので一話の時間がすぐ過ぎてしまいます。
藤原だらけでついていけるかな、とも思いましたが、キャラが立っていたり上手くできていて区別しやすいです。

あと、大河が始まってからはんにゃの金田さんに似ていると言われて微妙な気持ちです💦


02/05 21:26
さとさん

こんばんは。さとです。
私も平安時代の大河、初めて鑑賞させていただき、戦国好きでありながら、全話見ています。戦国のような命のやり取りは無いですが、天皇、右大臣、左大臣、関白とその取り巻きとの陰湿な政権抗争は中々の見ものです。
特に段田安則さん演じる、藤原兼家の一族の結束は私は背筋に冷や汗が出る思いで見てます。
今後私は、道長と道兼の兄弟の関係、そこにまひろが、どう絡むか今後も目が離せなくなりました。

ルームに投稿するためにはログインが必要です。
トップへ
戻る