青天を衝け

御屋形 攻城団編集部

2021年のNHK大河ドラマ「青天を衝け」を楽しんでいる方のためのルームです。誰でも参加できます。

青天を衝け

ドラマの感想や期待など自由に書いてください。みんなで楽しみましょう!

大河ドラマ「青天を衝け」|NHKオンライン

終了日 2022-01-31 23:59:00まで


05/23 23:12
片桐且元さん

幕末の顔がどんどん出てきます。西郷隆盛に博多華丸さん。なんかあっとる! たとえ敵対するような立場の者でも、その人物を見極めようとする西郷はさすがだね。本日の豚鍋の場面でもそう思った。立ち位置、主義、主張は違えども、素晴らしい男たち……いや、それを支える女たちも!
個人的な事ですが、大学生の時は八王子城城址内に住んでおりましたが、卒業して尾張に引っ越すまでの数年を八王子市裏高尾町、小仏関所跡にあたる公園のすぐ近くで生活していました。今、鋭い目つきで、栄一と喜作を見いだしてきた川村恵十郎という、平岡円四郎の部下が、毎週出ていますが、彼はその小仏関所の役人であったと一橋家の職場でのシーンで聞き、またもや「身近に!」とその人物に思いが接近したのであります。しかし、元気に活躍してる彼らにも未来は必ずしも…… 、、 しかし思いは、繋がって行くんですよね。川村のその後はわかりませんが、平岡は来週……


05/24 16:08
ぽりへりさん

第15回の中で「摂海防禦・・・」に関連して、天保山台場跡(現・天保山公園)のことも紹介されていましたね。
実は2019年まで私は船の撮影でよく訪れていた場所で、添付写真での赤い楕円印の所です。
海遊館と大観覧車の東側にあって、静かな場所。天保山渡船場の外壁には説明板があります。ここにあった大砲の一つが、後に大阪城天守台に運ばれたのですね。
画面左上の白い屋根がJRユニバーサルシティ駅で、斜張橋が天保山大橋。撮影場所は、地上252m、さきしまコスモタワー展望台(=大阪府咲洲庁舎展望台)。
2019年4月29日で、ちなみに客船は総トン数:137,000トン、全長:333m、幅:38m、高さ:67m。
もう一つ紹介されていた、神戸の湊川神社にも行きたいです。最寄り駅からは相楽園(姫路藩主の船屋形移築展示)も近そうですね。


05/24 17:28
ぐこさん

天保山と客船、素敵ですね!
高校、大学と神戸なので楠公さん(湊川神社)が出てきて喜んでいました!宝物館などもあります。相楽園は庭が美しいし、船屋形もあれば洋館もあるので楽しいです。本来なら5月のツツジがすごく綺麗だと思うんですけど。
今回の大河は渋沢さんという商人?お百姓さん?が主人公だからか幕末の目線もフラットで良いと思います。


05/26 22:13
片桐且元さん

神戸へは、公募展に作品を出していた団体に所属していた小磯良平画伯の縁で、行ったことがありますが、この豪華客船と素敵な港に台場跡。天保山って素晴らしい!
楠木正成公もこの辺りの出身でしたっけ。そういえば正成公が主人公の大河ドラマってありましたか? この筋金入りの忠臣としての男の物語はみてみたいです。 
しかしながら、徳川慶喜公の描き方も脚本により随分違うものですね。今回の慶喜公はめっちゃ真面目、頑固で、草なぎ剛さんはまり役ですが、せごどんの時は、「ひいさん」と呼ばれ、花魁(だったっけ?)の元に足しげく通う遊び人風だった。確か松田優作さんの息子さんが演じておりましたね。
本当はどんな姿か。想像するだけでも楽しい。


05/27 05:20
ぐこさん

去年の大河ドラマアンコール枠が太平記で、武田鉄矢さんが楠木正成を演じてられました!脚本が麒麟がくる、と同じ方でした。(尊氏さんの死がうつらなかったもの同じでした)正成さんの出身は千早赤阪村?でしょうか。


05/27 09:30
きゃみさんさん

道の駅ちはやあかさかや千早赤坂村立郷土資料館が出生地の隣に作られていますよ(楠木館跡)。近くに産湯の井戸もあります。
城館跡として登録もアリかもしれませんね。
下赤坂城・上赤坂城、攻城時に見学しました。


05/31 16:34
ぐこさん

平岡円四郎さん、紀行では触れていましたが、京都での工作活動や諸大名との交渉に奔走していた事が本編であまり触れられていないので、命を奪われる事の理不尽感が凄かったです。「尽未来際とか言っちゃわないで〜」と思って観てました。


05/31 20:25
片桐且元さん

堤さん演じる平岡円四郎。「おかしれい!」ほど好きなキャラだっただけに残念です。その平岡が人選御用を栄一らに任せ、どういう人物を選ぶかの指針、「一途に国の事を考えているか。まっとうに行きようとしてるか。」主義とかより、これが大切だということに頷いてしまった。水戸藩の内紛、悲しい限りです。天狗党が反乱を起こそうとして、それをなんとかしようと話し合いに向かう、武田耕雲斉は……おっと、ネタバレになるからやめよう……ってか史実は事実なので。


06/13 21:19
きゃみさんさん

岡山県民なんで「興譲館高校」は知っていたんですが、一橋家の江原代官所(西荏原陣屋)の藩校由来とは知りませんでした。
(関東メインと思っていたこの大河に親近感が)
また、冒頭の天狗党の顛末ですが、死罪を免れた天狗党の残党は敦賀で謹慎の後、赦免され、一旦国吉城があった佐柿に住まわされたそうです。国吉城駐車場のすぐ上にその時の屋敷「准藩士屋敷」の石垣が残っており、案内の碑が立ってます。(写真は駐車場から准藩士屋敷跡、奥の山が国吉城です。))


06/14 05:46
ぐこさん

水戸学で尊皇攘夷の魁のような存在だったのに半分藩内の抗争もあって人材を失ってしまい残念ですね。本当に烈公、雷神になっちゃうよ、と思いました。
あと硝石ですが、日本ではあまり採石されず、忍者は床下で作ってるとという話を聞いた事がありましたが、一般的にも生活活動で床下に生成されてくるものを使っていたようでしたね。

ルームに投稿するためにはログインが必要です。
トップへ
戻る