好きな戦国武将

御屋形 攻城団編集部

好きな戦国武将について語り合いたい方のためのルームです。

自分が好きな戦国武将について話したい方、ほかの団員の「推し」を聞きたい方はここでどうぞ。
※好き嫌いは人それぞれなので、相手を否定することなく尊重しあいましょう

終了日 2020-12-31 23:59:00まで 自動延長あり


11/08 17:37
 masamune dateさん

こんにちは!
突然ですが、僕は伊達政宗公が好きです。
理由は、強いだけでなく江戸幕府に3代に渡ってつかえるほど信頼度も高く、もし10年生まれるのが早かったら本当に天下統一ができていたと思います!
他の人の意見もたくさんお願いします。


11/11 23:19
片桐且元さん

masamune dateさん、伊達政宗公はカッコいいですよね。やることも、兜等身に付けるものもカッコいい。まさに伊達男の語源武将。(そうだったっけ?)
僕は、人により好き嫌いはっきり別れる武将だとは思いますが、織田信長公が大好きです。……と言うか、大好きになってしまいました。と言うのも、以前は最も好きな武将はっきり上杉謙信だったのです。義に熱く、けっこう謎めいたところが好きだったのです。
その織田信長公は、なんと嫌いな武将だったのです。僕は小牧市近く、織田信長公が築城した小牧山城近くに住んでおり、彼は郷土の英雄なのに好きになれませんでした。それは遠くから眺めるだけのように、風評のように、イメージだけで、残虐、すぐ怒る、単なる新し物好き、「俺って天に選ばれて偉いんじゃない?」……という勘違い野郎、そんな風に思っていたからなのです。
しかしながら、彼の家臣の太田牛一が書いた「信長公記」 小牧市近くの江南市にある生駒屋敷の近く、前野家に伝わる「武功夜話」等の書物に出会い、そして小牧山城を何度となく訪れ思索し、勝幡城、清洲城、そして小牧山城、さらには岐阜城、安土城を攻城し、だんだん信長公にはまり、さらには彼の家臣の簗田政綱の城が家の近くにあり(九之坪城)、彼が桶狭間の一番手柄でいただいた沓掛城に訪れたりして、いつの間にか最も好きな戦国武将になっていたのです。


11/29 10:51
片桐且元さん

「最も好きな戦国武将ひとり」とはうたわれてませんので、僭越ながら、もう一人好きな戦国武将いっちゃいますね。(言ったもん勝ちか?)
それは、長曽我部元親公。数年前から所用で毎年一回は必ず行っていた高知は南国市。今年はコロナ禍で自粛しましたが、岡豊城に行き、じっくり直接元親の息吹きを感じ、名酒「長曽我部」を味わい、酒飲みだった元親、彼の、特に若い頃の素晴らしい、このそして人格的にも優れた武将のなりに憧れてました。
本能寺の変の後の明智家に関係する人たちをかくまったり、東北の伊達政宗公と同様、タイミングが合えば、天下をも望める逸材であったことは事実です。
僕が生まれた所は、プロフィールにも紹介しましたが、明智光秀の出生地と言われている場所の一つの明智町でしたので、随分以前から、長曽我部元親公の事は意識していました。


12/01 23:21
伝もものふ山田(ヤマー)さん

今回の読者投稿欄のお題「戦国時代における「名軍師」といえば誰を思い浮かべますか?」で名前が出ませんでしたが、【板部岡江雪斎】が好きです。
まったく名前が出ず……悲しかったので、こちらにコッソリ書いておきます。
大河ドラマ「真田丸」では脇役だけど気になる存在でした。伊東潤氏の短編小説「江雪左文字」も楽しく読めました。

ルームに投稿するためにはログインが必要です。
トップへ
戻る