ひよどり下総守()さん 奉行 サポーター   フォロー

空堀、堀切、土塁など凸凹に萌える山城好きです。野鳥と遊び、千葉の谷津田の小さい城を歩きながら、たまに気合いを入れて遠征します

山城攻めの敵は深い草に飛び交う虫なので、ベストシーズンは1月~3月でしょうか。しかしながら夏攻城の経験値が上がってきたからか、クモの巣まみれも苦にならなくなってきました٩( ᐛ )و

ひよどり下総守さんのタイムライン

ひよどり下総守さん が  大袋城(群馬県館林市) を攻城しました(2022-08-11)

ひよどり下総守さん が  館林城(群馬県館林市) を攻城しました(2022-08-11)

ひよどり下総守さん が  植野城(栃木県佐野市) を攻城しました(2022-08-11)

ひよどり下総守さん が  椿田城(栃木県佐野市) を攻城しました(2022-08-11)

ひよどり下総守さん が  黒袴藤岡城(栃木県佐野市) を攻城しました(2022-08-11)

ひよどり下総守さん が  鐙塚阿曽沼城(栃木県佐野市) を攻城しました(2022-08-11)

ひよどり下総守さん が  赤見城(栃木県佐野市) を攻城しました(2022-08-11)

保育園は他園と統合されて閉園となったようです。今後の園施設がどうなるかわかりませんが、私が訪れた2022年8月時点では教育委員会の文化財課が土塁や堀部分の除草を実施してくれているようです。ただ頻繁ではないのでしょう、草が伸びて土塁に上がる階段が埋もれてわからない様子になっていました。もちろん登って廻ることは可能です。

ひよどり下総守さん が  小泉城(群馬県大泉町) を攻城しました(2022-08-11)

ひよどり下総守さん が最近のひとことを更新しました(2022-08-10)

先週、職場でコロナ感染された方が複数いたので、明日11日の団員総会への出席を泣く泣く断念。
その判断から1週間経過して自身の体調は依然問題なしでしたので、ハリキッて群馬県沼田エリアを中心に行軍してきました(`∇´)ゞ

印象的だったのは、昭和村にある長井坂城。
群馬県と渋川市、昭和村の教育委員会が説明板を設置しています。各所、鉄パイプ感まる出しの簡易階段が渡され、堀を登り降りできるようになっていました。
見栄え的には綺麗な遊歩道のようではなく宜しくないかもしれませんが、何よりまず散策に助かりますし、また、設置工事のコストは抑えられるかもと想像してしまいます。経年劣化時や災害時の対応でも、「抜いて新しいものを挿す」で済みそうなので、整備負担軽減の点では比較的良い手なのかなと思いました。

ひよどり下総守さん が  長井坂城(群馬県渋川市) を攻城しました(2022-08-10)

ひよどり下総守さん が  阿岨城(群馬県昭和村) を攻城しました(2022-08-10)

ひよどり下総守さん が  沼田城(群馬県沼田市) を攻城しました(2022-08-10)

ひよどり下総守さん が  幕岩城(群馬県沼田市) を攻城しました(2022-08-10)

ひよどり下総守さん が  小沢城(群馬県沼田市) を攻城しました(2022-08-10)

ひよどり下総守さん が  名胡桃城(群馬県みなかみ町) を攻城しました(2022-08-10)

ひよどり下総守さん が  小川城(群馬県みなかみ町) を攻城しました(2022-08-10)

ひよどり下総守さん が  明徳寺城(群馬県みなかみ町) を攻城しました(2022-08-10)

ひよどり下総守さん が  荘田城(群馬県沼田市) を攻城しました(2022-08-10)

ひよどり下総守さん が  蒼海城(群馬県前橋市) を攻城しました(2022-07-27)

総社神社を起点に、上野国府正庁跡に推定されている宮鍋神社(総社神社にある蒼海城跡地図では、「総社明神」)、御霊神社(同、「若御子明神」)と巡ると、自ずと一段盛り上がった本丸跡の位置がわかります。ただ本丸跡は何かの工事中で立ち入ることができませんでした。

ひよどり下総守さん が  保渡田城(群馬県高崎市) を攻城しました(2022-07-27)

このアカウントをフォローすれば「最近のひとこと」などの活動履歴をもれなくチェックすることができます。
フォローしませんか

攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
(フォローするのに攻城団の登録は不要です)

今日のレビュー

猛将妄想録 1 (電撃ジャパンコミックス)

「バトル漫画で歴史が超わかる本」で大久保ヤマト先生の絵の上手さと歴史への愛を知りこちらの漫画にも出会いました。通には有名だけど蒲生氏郷や佐竹義重の漫画なんて今まで見たことない!その中でもやっぱり私にとって一番嬉しかったのは立花宗茂の一生を大久保先生の漫画で読めた事です。道雪公とのお話や誾千代さんとの掛け合いの中にも大久保先生の歴史愛を感じられました。

こまちさん)

書籍ページを表示する

すべてのレビューを表示する

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る