十林寺(じゅうりんじ)さん 武将 サポーター   フォロー

小和田哲男先生の明智光秀に関する講座に参加した感想。
不明な事柄について書物や既に分かっている事実などと組み合わせて、ひとつの結論に到達するプロセスが面白い。
自分の中の知識が、攻城団に入る2年前よりも確実に増えていることを実感。
何より、共に語れる仲間が出来たことに改めて感謝、です。

十林寺さんのタイムライン

十林寺さん が  高遠城(長野県伊那市) を「行きたいお城」に登録しました(2022-06-21)

十林寺さん が最近のひとことを更新しました(2022-05-08)

久しぶりの3連休。1日目オンライン評定、2日目勉強会、3日目池上本門寺訪問。ほぼ在宅でしたが、超リフレッシュできた実感があるので、"良し"とします。
「本門寺の狩野派」は小規模な展示会ですが、御用絵師狩野家の菩提寺だけあって展示品は興味をひくものばかりでした。探幽の墓所もお参りできて良かったです。(地図はあるけど広いので墓所内さまよいました)

十林寺さん が  真田本城(長野県上田市) を攻城しました(2022-04-11)

十林寺さん が  戸石城(長野県上田市) を攻城しました(2022-04-11)

十林寺さん が  上田城(長野県上田市) を攻城しました(2022-04-11)

十林寺さん が  上平寺城(滋賀県米原市) を「行きたいお城」に登録しました(2022-02-07)

十林寺さん が  難波田城(埼玉県富士見市) の写真をアップしました(2022-01-09)

曲輪2と3の間の水堀
曲輪2と3の間の水堀

十林寺さん が  難波田城(埼玉県富士見市) を攻城しました(2022-01-09)

十林寺さん が  高天神城(静岡県掛川市) を「行きたいお城」に登録しました(2021-12-16)

十林寺さん が  諏訪原城(静岡県島田市) を「行きたいお城」に登録しました(2021-12-16)

十林寺さん が最近のひとことを更新しました(2021-12-02)

来年の卓上カレンダーが届きました。
今回も本当に素晴らしい写真ばかり。
訪問したことがあるお城の写真は懐かしく、未訪問のお城の写真は攻城欲をかきたてられます。
来年も毎月、カレンダーを眺めるのが楽しみです。

十林寺さん が  御嶽城(埼玉県神川町) を「行きたいお城」に登録しました(2021-11-29)

十林寺さん が  興国寺城(静岡県沼津市) を「行きたいお城」に登録しました(2021-11-24)

十林寺さん が  牧之島城(長野県長野市) を「行きたいお城」に登録しました(2021-11-24)

十林寺さん が  旭山城(長野県長野市) を「行きたいお城」に登録しました(2021-11-24)

十林寺さん が  向羽黒山城(福島県会津美里町) を「行きたいお城」に登録しました(2021-11-21)

十林寺さん が  久能山城(静岡県静岡市) を攻城しました(2021-11-19)

十林寺さん が 宿泊施設ホテルオーレ イン (静岡)」にレビューを投稿しました(2021-11-19)

清潔感のある客室、アメニティも充実してます。
最上階にある天然温泉の大浴場で攻城の疲れを癒せます。
朝食はバイキング形式で種類が豊富。ご当地物も揃っていてしっかりお腹を満たせます。
感染対策もきちんとされているので安心して宿泊できます。

十林寺さん が最近のひとことを更新しました(2021-11-19)

緊急事態宣言が解除されて数ヶ月。慎重派の人々も動き始めた感じでしょうか。
先週末に訪れた駿府城では、「観光客が増えてきてうれしい」という職員の方の言葉を何回か耳にしました。
特に、就航再開した葵舟の係の方々は、今自分たちが出来ることで精一杯のおもてなしをしようという思いが溢れていて、私も来てよかったなぁとうれしい気持ちになりました。
天守台の石垣と共に心に残る旅となりました。
写真は葵舟からの見たお堀の景色です。

十林寺さん が  駿府城(静岡県静岡市) の写真をアップしました(2021-11-19)

本丸堀(県庁21階から)
本丸堀(県庁21階から)
このアカウントをフォローすれば「最近のひとこと」などの活動履歴をもれなくチェックすることができます。
フォローしませんか

攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
(フォローするのに攻城団の登録は不要です)

今日のレビュー

眠れないほどおもしろい吾妻鏡: 北条氏が脚色した鎌倉幕府の「公式レポート」 (王様文庫 D 59-8)

鎌倉時代をおさらいしたくて手に取った本です。愚管抄を著した天台座主慈円が現代口調で語る鎌倉正史なのですが、そこは、慈円が語るのですから、北条中心の吾妻鏡の「変だなポイント」をちゃんとついています。そして4コママンガがついていたり、とてもわかり易く読み進められます。この本を読んだからというわけではないですが、鎌倉時代をおさらいして感じたのは、現代と当時の人のものの感じ方の違いです。どちらがいいとかじゃなくて、物事への優先順位の付け方が全く違うのです。うまく説明できないのですが…。みなさんはどう思われますか?

黒まめさん)

書籍ページを表示する

すべてのレビューを表示する

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る