Summer(さまー)さん 足軽頭   フォロー

信長好きの息子とともに、お城や歴史ゆかりの地を少しずつ周っています。

2022年攻城予定
坂本城 山崎城 二条城
若江城 信貴山城 他

私自身は何年生きてもにわかの域を出ない歴史ファン(特に幕末・新撰組)

時代小説、特に司馬遼太郎、浅田次郎、佐伯泰英の小説が大好きです。

Summerさんのタイムライン

Summerさん が  洲本城(兵庫県洲本市) を「行きたいお城」に登録しました(2022-07-24)

Summerさん が  二条城(京都府京都市) の写真をアップしました(2022-06-16)

二の丸庭園
二の丸庭園

Summerさん が  二条城(京都府京都市) を攻城しました(2022-06-16)

Summerさん が  妙顕寺城(京都府京都市) を「行きたいお城」に登録しました(2022-06-09)

Summerさん が  二条古城(京都府京都市) を「行きたいお城」に登録しました(2022-06-09)

Summerさん が  旧二条城(京都府京都市) を「行きたいお城」に登録しました(2022-06-09)

Summerさん が  山崎城(京都府大山崎町) の写真をアップしました(2022-05-26)

宝積寺 三重塔
宝積寺 三重塔

秀吉が一夜で建てたという三重塔ですが、とても信じられないくらいに立派で美しい建物です。
「一夜之塔」という手書きの立て看板のやっつけ感がたまらなく好きです。

Summerさん が  山崎城(京都府大山崎町) の写真をアップしました(2022-05-26)

宝積寺 秀吉の出世石
宝積寺 秀吉の出世石

山崎の合戦で秀吉が腰掛けて采配をふるったといわれる石。
これに触ると秀吉の立身出世にあやかれる!ということで楽しみにしていましたが、コロナ対策により囲いがされており触るのも禁止となっていました。
想像より小さかったですが、座るのにはちょうどよさそうな形です。

Summerさん が  山崎城(京都府大山崎町) の写真をアップしました(2022-05-26)

井戸跡
井戸跡

天王山山頂の標識のある場所から少しだけ下った広場の脇、あまり目立たない所にあります。
ぴっちりと蓋がされていて中は覗けませんでした。

Summerさん が  山崎城(京都府大山崎町) の写真をアップしました(2022-05-25)

秀吉の道 陶板⑥「秀吉の『天下人への道』はここからはじまった」
秀吉の道 陶板⑥「秀吉の『天下人への道』はここからはじまった」

Summerさん が  山崎城(京都府大山崎町) の写真をアップしました(2022-05-25)

秀吉の道 陶板⑤「明智光秀の最後」
秀吉の道 陶板⑤「明智光秀の最後」

坂本城へ落ち延びようとする光秀を、落ち武者狩りが竹藪の陰から狙っている様子が描かれています。
…「秀吉の道」と名付けられてはいますが、半分くらい光秀のお話かもしれません笑

Summerさん が  山崎城(京都府大山崎町) の写真をアップしました(2022-05-24)

十七烈士の墓
十七烈士の墓

幕末ファンとして見ておきたかったこの場所。
旗立松展望台を抜けると、唐突に空気が一変するような少し不思議な場所にこのお墓があります。
ここには、禁門の変に破れ、天王山に立て籠もるも新撰組に追い詰められ自刃した十七人の志士たちが今も眠っています。

Summerさん が  山崎城(京都府大山崎町) の写真をアップしました(2022-05-24)

秀吉の道 陶板④「天下分け目の天王山〜勝負は川沿いで決まった」
秀吉の道 陶板④「天下分け目の天王山〜勝負は川沿いで決まった」

ボランティアのガイドさんがしてくださった解説が、興味深く勉強になりました。
絵に描かれている、紅白の大玉ころがしの玉のようなものを背負った騎馬兵は母衣(ほろ)衆という伝令係だというのを初めて知りました。考案者は信長で、紅白の色は敵味方ではなく、味方同士で武功を競わせて活躍した側に褒美を弾むというやり方で鼓舞していたそうだ、と教えていただきました。さすが、信長らしい先進的なマネジメント法だなぁと感心しました。

Summerさん が  山崎城(京都府大山崎町) の写真をアップしました(2022-05-24)

秀吉の道 陶板③「頼みの諸将来たらず〜明智光秀の誤算」
秀吉の道 陶板③「頼みの諸将来たらず〜明智光秀の誤算」

必ず味方になってくれると信じ込んでいた細川や筒井順慶たちまでもが静観を決め込むという光秀の大誤算。
せめて信長の首さえ取れていれば、また違う結果になっていたのでしょうか…妄想は尽きません。

Summerさん が  山崎城(京都府大山崎町) の写真をアップしました(2022-05-24)

旗立松展望台からの眺め
旗立松展望台からの眺め

山崎の戦いで、秀吉軍が旗を掲げたといわれる場所です。
小さな展望台ですが、眺めは頂上より良い撮影スポットです。

Summerさん が  山崎城(京都府大山崎町) の写真をアップしました(2022-05-23)

三川合流展望台から淀川の眺め
三川合流展望台から淀川の眺め

桂川、宇治川、木津川が合流し淀川へと変わる地点がここから見えます。
知らなかったのですが、「三川合流」というのは日本では他にほとんど例を見ない珍しい地形だそうですね。

Summerさん が  山崎城(京都府大山崎町) の写真をアップしました(2022-05-23)

秀吉の道 陶板②「秀吉の中国大返し」
秀吉の道 陶板②「秀吉の中国大返し」

三川合流展望台内にあります。
中国街道を駆け抜ける秀吉の姿が描かれています。光秀を倒して絶対に天下取ったる!という強い決意がその表情にも顕れているように感じます。

Summerさん が  山崎城(京都府大山崎町) の写真をアップしました(2022-05-23)

秀吉の道 陶板①「本能寺の変」
秀吉の道 陶板①「本能寺の変」

アサヒビール美術館入口横のルート途中にあります。

Summerさん が  勝龍寺城(京都府長岡京市) を「行きたいお城」に登録しました(2022-05-20)

Summerさん が最近のひとことを更新しました(2022-05-15)

スクラッチアート、ご存知ですか?
黒い紙の下に綺麗な色やホログラムが隠れていて、ガリガリと削っていくことでイラストや模様を描くことができる遊びです。

100円ショップのダイソーにも、スクラッチアートが手軽に楽しめるセットが様々なテーマで売られています。
少し前に購入していた「大阪城」のイラスト!
今日の夕方、暇にあかせてガリガリと…笑
ホログラム仕様で、キラキラと豪華絢爛な大阪城が出来上がりました〜。
京都の紅葉もカラフルで楽しかったですよ。

無駄に力が入りすぎているのか、次の日に必ず手が筋肉痛になるのが唯一の難点です。

このアカウントをフォローすれば「最近のひとこと」などの活動履歴をもれなくチェックすることができます。
フォローしませんか

攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
(フォローするのに攻城団の登録は不要です)

今日のレビュー

よみがえる江戸城―徹底復元◆天下の巨城の全貌 (歴史群像シリーズ・デラックス (1))

CGによって再現した江戸城の御殿や天守を紹介する。御殿も天守も現在は失われているが、詳細な図面と襖絵の下絵が残されていて再現が可能になったという。本丸への入り口となる書院門から儀式や対面の場である「表」、将軍の私的な空間である「中奥」を経て、将軍の正室をはじめ家族が居住する「大奥」までの様々な部屋を順に見学する構成となっている。CGの他、関連する屏風絵や図面も豊富でイメージしやすい。城中の儀式や武家の装束、大奥の職制など解説も充実している(2005年刊)

こめつぶさん)

書籍ページを表示する

すべてのレビューを表示する

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る