村の芳ちゃん()さん 奉行 サポーター   フォロー

村の芳ちゃん こと、村本 芳邦と申します。1951年徳島に生まれ今は大阪府堺市在住です。若かりし頃より天守の写真を撮りに行っていましたが、攻城団に入らせていただいてからはバッジを中心に回っています。でも自分の脚で登らないといけない山城は・・・、ダメですね。

村の芳ちゃんさんが過去に回答した読者投稿欄のお題

古い順

①広島城・・・これは文句なく外せません。
②福山城・・・復興とは言え、立派な天守あり。現存櫓あり。そして何より駅近。
③吉田郡山城・・・知名度の高い毛利元就の居城。

わたしの様な素人カメラマンにとって天守を主に考えますので、
 〇簡単なようだが白過ぎ感と構図が難しい過ぎる姫路城
 〇どの角度から撮っても人が入ってしまう大阪城
 〇天守がデカ過ぎてバランスが悪く、尚且つエレベーターが写る名古屋城
 〇石垣は随一だが天守が小さ過ぎて負けてしまっている丸亀城
など沢山ありますが、その中でも素人好みは松本城が一番だと思います。
 〇平城だから天守が近くて撮りやすい。
 〇天守が黒っぽいので濃淡がハッキリして写り映えする
 〇満々と水のある堀が上手い具合に配置されているので、人が写り込みにくい
 〇桜、紅葉はどの城でもあるが、冬にバックにそびえる白銀のアルプスがある 〇両脇に小天守があるのでバランス良く写る
 〇おまけに写真映えする赤い橋まである  等々あり申し分ありません。
わたしの一番好きな城ですので、思い入れ過ぎかも・・・。

自分が訪問したお城を選んだわけではありませんが、
 一つ目のお城は、現存天守の高知城で文句なし。
 二つ目のお城は、模擬とは言え天守のある中村城。
 三つ目のお城は、2月末まで仮とは言え櫓のある岡豊城です。
建物に凝り過ぎの感はありますが、人それぞれということでご勘弁を・・・。

[最近のひとこと]と同じ内容になりますが、
今年の目標
①天守擬きを含む未訪問天守の完全制覇(後13城) ②100名城を含む挑戦中のバッジの獲得 ③城に対する知識の向上(今までは写真撮影がメインでしたので、他の団員さんについて行ける位の知識を付けたい)
現在の訪問予定
2月に2度クラツリにて、関東方面と山口・広島方面へ行く予定。春に[行きたい城]に登録している九州13城巡り。プラス北関東の未訪問天守のお城です。

たまに参加するツアー会社が企画している攻城は仕方がないが、個人で行く攻城は必ず一人で行きます。家内を連れて行ったりしたら最悪で、全く自由気ままに見て回れません。行き返りの道中は少し寂しいですが・・・。

異論も多々ありましょうがわたしは天守第一主義ですので、やはり一番目は世界遺産・国宝・現存の『姫路城』。二番目は天守だけを考えれば『洲本城』になりますが、自分自身何かしっくりこないけど、やっぱり『洲本城』にします。後は天守が有りません(泣)。こうなればやけくそで、三番目は今天守を復興している『尼崎城』にします。3つ選べましたので天守だけを考えて正解かもです。一番目はダントツ過ぎて、後の二つが難し過ぎです。

何はともあれ国宝の『犬山城』と徳川御三家で規模第一の『』名古屋城。
そして家康の生誕の城『岡崎城』です。

織田信長の『安土城』を再建して欲しいです。
天下人で後先を考えずに、ただただ豪華絢爛に建てられたと思います。
江戸城も見たいですが、大阪から近い方にします。

わたしが思う攻城団の魅力は、
①自身が撮影した写真を含め攻城記録が残せるところ。
②訪問前にそのお城の状態、即ちどのような建物(現存・復元などを含め)が有るのかとか、その他の遺構(石垣・土塁とか)はどのような状態なのかを調べられ、
山城の場合はどこから登れば良いのかを知ることが出来る。
③電車で訪問する場合の行き方とか、車の場合は駐車場が有るのかないのか、有ればどこにあるとかの情報を得ることが出来る。
などなど、そのほかにも沢山有りますが・・・。

まずは天候が一番気になるます。日帰りなら事前に調べて、必ず晴れの日に出かけます。ホテルとか乗り物で予約が必要な時は、仕方がないので天候は神頼みになります。しかし天気が良くても太陽が大きな顔をしているときは、太陽の位置が気になります。
「姫路城フォトコンテスト」の投稿も午前中しか行けなかったので、西側からの写真を撮っていませんでした。
次に気を付けるのは、人物はほぼ100%映らないようにしています。
またお城に関連した建造物以外(周りのビル・電信柱等)は、映らないように心掛けています。勝手ですが、飛行機が飛んでいれば映し込みたいとは思いますが・・・。
とは言え、未だにカメラに対する知識不足で、満足する写真が撮れていません。これからもう一度カメラの勉強をし直すことが、わたしにとって一番必要なことだと思っている今日この頃です。

私の持っている知識では、まだまだ「初心者」だとごく最近痛感させられました。今までは全く興味がなかったのですが、ある機会に[日本城郭検定]のHPを開けてみました。その中に練習問題があり、軽い気持ちで4級の問題をやりましたが、設問5を間違えかなりショックを受けました。(設問5 別名玉藻城と呼ばれる城は?)「初心者」とは言え、前に「城好き」が付くからには、せめて[城郭検定4級]くらいの知識を持ってこそ、初めて「城好き初心者を卒業した」と言えると私自身今は思っています。

フォローしませんか

攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
(フォローするのに攻城団の登録は不要です)

今日のレビュー

薩摩島津家全史

薩摩島津家700年の歴史をまとめた一冊。
歴史がありすぎて、深い内容にはなっていないが、島津家の歴史が網羅されている。
歴代当主や薩摩藩の戦術などの記載もあり、読みごたえのある一冊。

玄之丞さん)

書籍ページを表示する

すべてのレビューを表示する

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る