鶏ちゃんこ()さん 家老   フォロー

100名城、続100名城を中心に、マンホールカードや御城印、ご当地グルメなどとも合わせながら各地のお城を巡っています。

鶏ちゃんこさんのタイムライン

鶏ちゃんこさん が  岸和田城(大阪府岸和田市) の写真をアップしました(2022-09-28)

大手櫓門(内側)
大手櫓門(内側)

鶏ちゃんこさん が  掛川城(静岡県掛川市) の写真をアップしました(2022-09-28)

台風直後の十露盤堀
台風直後の十露盤堀

台風直後の十露盤堀は今まで見たことのない色をしていました。自然は脅威。気象予報は訪城時の重要な情報ですね。

鶏ちゃんこさん が  掛川城(静岡県掛川市) の写真をアップしました(2022-09-28)

掛川城の郭、竹の丸
掛川城の郭、竹の丸

山内一豊が掛川城に郭を付け加えて城郭を拡張した際に、竹の丸も造成されたものとされています。

鶏ちゃんこさん が  興国寺城(静岡県沼津市) の写真をアップしました(2022-09-28)

伝天守台から東海道・駿河湾方面への眺望
伝天守台から東海道・駿河湾方面への眺望

鶏ちゃんこさん が  興国寺城(静岡県沼津市) の写真をアップしました(2022-09-28)

土塁(西櫓台〜ニノ丸方面)
土塁(西櫓台〜ニノ丸方面)

鶏ちゃんこさん が  興国寺城(静岡県沼津市) の写真をアップしました(2022-09-26)

大空堀(東寄り)
大空堀(東寄り)

鶏ちゃんこさん が  興国寺城(静岡県沼津市) の写真をアップしました(2022-09-26)

伝天守台方面への登城口
伝天守台方面への登城口

穂見神社のすぐ横から伝天守台方面へ登れます。
雨天時やその直後などは足元にご注意を。

鶏ちゃんこさん が  興国寺城(静岡県沼津市) の写真をアップしました(2022-09-26)

伝天守台石垣
伝天守台石垣

鶏ちゃんこさん が  興国寺城(静岡県沼津市) の写真をアップしました(2022-09-26)

大空堀(中央から西寄り)
大空堀(中央から西寄り)

鶏ちゃんこさん が  掛川城(静岡県掛川市) を攻城しました(2022-09-25)

鶏ちゃんこさん が  興国寺城(静岡県沼津市) を攻城しました(2022-09-25)

鶏ちゃんこさん が  田原城(愛知県田原市) の写真をアップしました(2022-09-23)

田原城桜門
田原城桜門

鶏ちゃんこさん が  岸和田城(大阪府岸和田市) の写真をアップしました(2022-09-21)

岸和田城の石垣についての看板
岸和田城の石垣についての看板

岸和田城内堀の南東付近に立っています

鶏ちゃんこさん が  岸和田城(大阪府岸和田市) の写真をアップしました(2022-09-21)

岸和田城天守から五風荘方面を望む
岸和田城天守から五風荘方面を望む

鶏ちゃんこさん が  岸和田城(大阪府岸和田市) の写真をアップしました(2022-09-21)

五風荘
五風荘

元岸和田城主 岡部氏の新御茶屋跡を、明治維新後に当地の財閥の邸宅に改修し、さらに名前を変えて現在に至るそうです。

鶏ちゃんこさん が  岸和田城(大阪府岸和田市) の写真をアップしました(2022-09-21)

鯱のデザインマンホール
鯱のデザインマンホール

城域内の二の丸多聞櫓トイレ近くにあります

鶏ちゃんこさん が  岸和田城(大阪府岸和田市) の写真をアップしました(2022-09-21)

庭園側からの岸和田城天守
庭園側からの岸和田城天守

鶏ちゃんこさん が  岸和田城(大阪府岸和田市) の写真をアップしました(2022-09-19)

岸和田城下のデザインマンホール
岸和田城下のデザインマンホール

池田泉州銀行跡付近に岸和田城などをモチーフにしたデザインマンホールがありました

鶏ちゃんこさん が  岸和田城(大阪府岸和田市) の写真をアップしました(2022-09-19)

岸和田城庭園 八陣の庭
岸和田城庭園 八陣の庭

鶏ちゃんこさん が  岸和田城(大阪府岸和田市) の写真をアップしました(2022-09-19)

堀越に望む岸和田城天守
堀越に望む岸和田城天守
このアカウントをフォローすれば「最近のひとこと」などの活動履歴をもれなくチェックすることができます。
フォローしませんか

攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
(フォローするのに攻城団の登録は不要です)

今日のレビュー

よみがえる江戸城―徹底復元◆天下の巨城の全貌 (歴史群像シリーズ・デラックス (1))

CGによって再現した江戸城の御殿や天守を紹介する。御殿も天守も現在は失われているが、詳細な図面と襖絵の下絵が残されていて再現が可能になったという。本丸への入り口となる書院門から儀式や対面の場である「表」、将軍の私的な空間である「中奥」を経て、将軍の正室をはじめ家族が居住する「大奥」までの様々な部屋を順に見学する構成となっている。CGの他、関連する屏風絵や図面も豊富でイメージしやすい。城中の儀式や武家の装束、大奥の職制など解説も充実している(2005年刊)

こめつぶさん)

書籍ページを表示する

すべてのレビューを表示する

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る