物集女りょう(もずめりょう)さん 武将 サポーター   フォロー

山城国西岡在住(自称、西岡衆)です。城攻めの某アプリをインストールしてから、アプリ内での攻城(ポチ攻め)を開始しました。
攻城団での攻城記録は実際に攻城して主郭かそれに類する場所に到達したら攻城したと言うことで記録を残すようにしています。
趣味は御城印集めと地域のご飯、攻城時に買う地酒やクラフトビール、お酒に合う肴でじっくり呑む事です。
建築・土木には詳しく無いですが、技術者のはしくれなので、技術的に城を観るのが好きです。又、城や人物、街等を調査した博物館等の調査報告書や資料を買って、徒然と読むのも好きです。
リア攻めの時には土塁、堀の配置や石垣の迫力を楽しんでいます。

物集女りょうさんのタイムライン

物集女りょうさん がコレクション「 山本山城 御城印 阿閉貞征版」にコメントしました(2022-09-19)

JR木ノ本駅のふれあいステーションおかんでも購入可能でした。

物集女りょうさん がコレクション「 山本山城 御城印 山本義経版」にコメントしました(2022-09-19)

JR木ノ本駅のふれあいステーションおかんでも購入可能でした。

物集女りょうさん が  物集女城(京都府向日市) の写真をアップしました(2022-09-19)

説明案内板
説明案内板

物集女城公園には物集女城についての説明板が設置されています。説明板には現在位置の航空写真と城址の見えている部分がよく判る解説が書かれています。

物集女りょうさん が  物集女城(京都府向日市) の写真をアップしました(2022-09-19)

説明案内板
説明案内板

物集女城公園には物集女城についての説明板が設置されています。

物集女りょうさん が  物集女城(京都府向日市) の写真をアップしました(2022-09-19)

物集女城公園
物集女城公園

城址案内板の西側の道を少し北上したところに物集女城公園が新設されました。住所は京都府向日市物集女町中条23−5となります。

物集女りょうさん が  物集女城(京都府向日市) を攻城しました(2022-09-19)

物集女りょうさん が  目加田城(滋賀県愛荘町) を攻城しました(2022-09-10)

物集女りょうさん が  玄蕃尾城(滋賀県長浜市) を攻城しました(2022-09-10)

物集女りょうさん が  国吉城(福井県美浜町) を攻城しました(2022-09-04)

物集女りょうさん が  敦賀城(福井県敦賀市) を攻城しました(2022-09-04)

物集女りょうさん が  天筒山城(福井県敦賀市) を攻城しました(2022-09-04)

物集女りょうさん が  金ヶ崎城(福井県敦賀市) を攻城しました(2022-09-04)

物集女りょうさん が最近のひとことを更新しました(2022-08-11)

いよいよ明日から大阪・お城フェス2022の開催ですね。私は初日午前中に会場を回ろうと思ってます。首里城のTシャツに攻城団トートバッグの姿でうろうろしています。気が向いたらお声かけ下さい。

物集女りょうさん が  飯盛城(大阪府大東市) を攻城しました(2022-07-02)

物集女りょうさん がコレクション「 山崎城 御城印」にコメントしました(2022-06-18)

宝積寺で入手可能ですが、窓口受付時間は15時30分までなのでご注意ください。離宮八幡宮ならもう少し遅めの時間でも大丈夫なようです。

物集女りょうさん が  山崎城(京都府大山崎町) を攻城しました(2022-06-18)

物集女りょうさん がコレクション「 勝龍寺城 御城印 明智光秀最期の城版」にコメントしました(2022-06-12)

勝竜龍城初の水色桔梗印の御城印ですが、JR長岡京駅の長岡京市観光案内所で入手しました。おそらく通常版と同じ場所で入手可能では無いかと思います。

物集女りょうさん が  郡上八幡城(岐阜県郡上市) を攻城しました(2022-06-04)

物集女りょうさん が  篠脇城(岐阜県郡上市) を攻城しました(2022-06-04)

物集女りょうさん が  土山城(滋賀県甲賀市) を「行きたいお城」に登録しました(2022-05-30)

このアカウントをフォローすれば「最近のひとこと」などの活動履歴をもれなくチェックすることができます。
フォローしませんか

攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
(フォローするのに攻城団の登録は不要です)

今日のレビュー

眠れないほどおもしろい吾妻鏡: 北条氏が脚色した鎌倉幕府の「公式レポート」 (王様文庫 D 59-8)

鎌倉時代をおさらいしたくて手に取った本です。愚管抄を著した天台座主慈円が現代口調で語る鎌倉正史なのですが、そこは、慈円が語るのですから、北条中心の吾妻鏡の「変だなポイント」をちゃんとついています。そして4コママンガがついていたり、とてもわかり易く読み進められます。この本を読んだからというわけではないですが、鎌倉時代をおさらいして感じたのは、現代と当時の人のものの感じ方の違いです。どちらがいいとかじゃなくて、物事への優先順位の付け方が全く違うのです。うまく説明できないのですが…。みなさんはどう思われますか?

黒まめさん)

書籍ページを表示する

すべてのレビューを表示する

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る