しんちゃん()さん 太閤   フォロー

初登城からかれこれ15年、初めのうちは天守のあるお城を中心に、それからじょじょに石垣作りの城、土作りの城へ、又平城・平山城から山城へと変わっていき、陣屋や台場・代官所等へと広がり、全国に4万とも5万ともいわれている城跡・城址のせめて10%を制覇するのを目標に日々計画・攻城をしています。県別に、未攻城県は栃木県のみで2019年秋に予定しましたが、豪雨災害の為断念しました。又、今年も新型コロナウイルスの為に計画ばかり作成しています。今年は、離島のお城に挑戦すべく、壱岐・対馬、佐渡島、淡路島、五島列島へ行く計画作りを進行中です。道中・現地では車中泊で、軽バンをキャンプ仕様にして、7泊から9泊で計画します。

しんちゃんさんが過去に回答した読者投稿欄のお題

古い順

金山城:石垣・井戸・土塁・堀が残存

岩櫃城:標高600m近い高所に櫓で・土塁・枡形虎口・空堀が有り見応え十分

箕輪城:巨大な空堀が主郭をとり囲む

飫肥城:復元の櫓門、城下町がいい

延岡城:千人殺しの石垣が凄い

都於郡城:深い空堀で曲輪が一つ一つ独立している

大坂城:現存櫓・現存城門が多数有り、高石垣も素晴らしい。地中には豊臣時代の石垣が眠っている。
烏帽子形城:楠木正成の出城か?横堀が凄い。

岸和田城:素晴らしい水堀。岸和田城庭園(八陣の庭)も素晴らしい。

攻城する為の基礎知識を事前に習得してと思い、県別・国別・城別等の書籍を、本屋さんやアマゾンで購入しています。また攻城の時にはそれを再度確認しながら攻城します。
そうする事でより深く、また以外な発見も楽しめます。その城の歴史・なりたち・城主の変遷・縄張りの面白さが倍増します。本棚の本は、80%はお城・歴史関連で、他は、家庭菜園をしていますので、園芸本・またお寺と関わっていますので、親鸞に関する書籍です。

檜山城ー檜山安東氏城館跡で国指定史跡


脇本城ー安東三城の一つ


秋田城ーあきたのき・出羽の国府

金田城(かねだじょう、かなたのき)
長崎県対馬市に有る古代山城。朝鮮半島の最前線のの城。
 城壁が城全体を取り巻く石塁が古代山城としては非常に珍しいと思う。
 最前線に存在することの重要性・そして、遺構が良く残っているとを
 確かめたく、是非行きたい城跡です。
能島城
 村上海賊の城・瀬戸内海の潮流に守られた島全体が城塞。
羽茂城
 佐渡島に有る山城。遺構として、曲輪・土塁・馬場跡等多くの遺構が残っている。
 近くには、多くの支城がある。

甲府城ー多くの櫓・門が復元されている。

武田氏館(躑躅ケ崎館) ー武田信虎の築城。

新府城ー織田の軍勢に攻められ武田氏滅亡すr。

真田親子ー昌幸・信之・信繁
 知略・戦略・情報収集・そして家(土地・住民)を守ることに全精力を傾ける。
 地方の領主として、いかに存続していくかを絶えず考えながら行動してきた。
 真田父子の犬伏の別れの伝承の薬師堂に今年訪問いました。決断すべき時は
 これからの事を見据えて、親子であっても別れることが最良の策と決したことに
 真田家が存続する道筋をつけた。戦国時代をわたり合い、多くの戦で、負けも有るが
 家を存続させたことに、大いに賞賛すべきだと思う。

和歌山城

新宮城

田辺城

弘前城

根城

浪岡城

高松城
  三大水城・現存櫓・現存城門

丸亀城
  高石垣・現存天守
  石垣の修復中
屋嶋城
  石垣復元
  

日本全国の城址で石垣の有る城址のリストアップ。
 都道府県別にして、石垣の積み方(野面積み・打込接・切込接)(布積・乱積)等に分類し自分が攻城した城址の写真にそれぞれ記入する。
 同様に転用石・刻印石・鏡石・の有る城址のリストアップ。
全国には、現在私調べで1185城址に石垣があり攻城した城址は454城址です。他の資料等で調査すると数は増加すると思います。これからは、石切丁場のリストアップと見学計画を練っていこうと思います。
 単なる石ですが、こうして見ると深く、味わいの有るものだと思います。お家時間のたっぷり有る時に今までの攻城記録を基にこうして、城と付き合っています。

岡城
府内城
臼杵城

彦根城_国宝現存天守で、石垣・櫓・堀・廓が素晴らしい。また、博物館が有り井伊家の史料が展示されている。玄宮園からの天守の眺望は素晴らしい。
 運が良ければ[ひこにゃん]に会えるかも?

米子城ー近世城郭、石垣は素晴らしいし、積み方も打込接と切込接が有る

鳥取城ー天球丸があり、巻石垣が復元されている

若桜鬼ヶ城ー中世・近世の両方の魅力が有る

足利氏館

唐沢山城

宇都宮城

高取城ー三大山城、高石垣が凄い。

大和郡山城ー筒井順慶築城、のち豊臣秀長が政治的にも、経済的にも発展させた。

宇陀松山城ー本丸や周辺は石垣を構築していた事が、発掘調査で明らかになった。

萩城ー別名指月城とも言われる平山城。天守跡、石垣、堀と見所満載。

高嶺城ー大内氏の詰め城。

大内氏館ー西の京都と称される山口、現在は、龍福寺があり、枯山水の庭園も有る。

杵築城の模擬天守。八坂川の河口にある台山の上にあるお城です。木付氏の築城で、「木付」が「杵築」になったという命名のいわれが面白い。

1・
仙台城(青葉城):伊達政宗築城から幕末迄仙台藩の藩政中心の場、本丸石垣は切込接の見応えのある石積み。
2・
多賀城:日本三大史跡の一つ、100名城にも選ばれている。
3・
白石城:櫓・門・土塀の復元、さらに東日本大震災での壁の崩落被害も復旧された。

金沢城・・・平成17年度に1年間10回金沢城大学に通いました。当時、兵庫県に住居を置いていましたが、金沢城に行く時は、いつもワクワクしました。石垣がこんなにも、種類と積みか方が有る事に魅せられました。
七尾城・・・野面積みの石垣は2mを超えるものも有り、圧巻です。
鳥越城・・・大日川対岸の二曲城と共に国指定史跡で、一向一揆の拠点です。

お城の資料・パンフレット等はA4の縦フアイルに県別にフアイルしています。写真も同様に、L版に焼きA4フアイルに県別にフアイルしています。

五稜郭
松前城
勝山館

フォローしませんか

攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
(フォローするのに攻城団の登録は不要です)

今日のレビュー

歴史を考えるヒント (新潮文庫)

いわゆる「網野史学」の入門みたいな感じの一冊です。百姓=農民ではない、「日本」という言葉をいつから使うようになったのか、など「言葉」から中世の歴史を読み解いています。言葉が世の中に浸透していった背景などを紐解きつつ、定住農耕民族以外の「無縁」社会についての史学観にふれることが出来ます。(余談ですが、隆慶一郎さんの小説は、網野史学を大いに取り入れていますね)

コースケさん)

書籍ページを表示する

すべてのレビューを表示する

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る