大鴉()さん 足軽大将   フォロー

(未入力) 

大鴉さんのタイムライン

大鴉さん が  田中城(静岡県藤枝市) を攻城しました(2022-06-05)

お城の本体跡地は今は小学校と中学校になっていて基本的には入れません。周りは歩けます。亀甲城の堀が所々残っています。

大鴉さん が  駿府城(静岡県静岡市) を攻城しました(2022-03-05)

大鴉さん の読者投稿欄「山城に行くときに注意していること、気をつけていることを教えてください」への回答が更新されました(2021-11-01)

マダニなどです。足は出さないようにしています。気がつけば虫除け(デイート入り)します。野生のダニが媒介する病気は本当に怖いです。

大鴉さん が  駿府城(静岡県静岡市) を攻城しました(2021-09-19)

石垣を見ながらお城の外周お堀沿いをぐるっと。緊急事態宣言下ですが、県内なので運動がてら、石垣ながめてお城を楽しみました。気持ちが晴れますね!

大鴉さん が  小山城(静岡県吉田町) を攻城しました(2021-02-21)

駐車場があります。能満寺というお寺の脇からものすごく急峻な石段がありますが迂回路もあります。お堀の遺構が面白いです。天守閣型展望台があり、眺望が楽しめます。なるほどだからここに城を作ったのか!と分かる気がします。天守閣型展望台施設の中には昔の刀剣、槍、火縄銃、甲冑の展示があり、楽しめます。入場券は15歳以上200円、子供100円です。麓の能満寺大ソテツは阿部晴明が植えたとの伝説があるようです。

大鴉さん の読者投稿欄「戦国時代における「名軍師」といえば誰を思い浮かべますか?」への回答が更新されました(2020-12-01)

大河ドラマにより
軍師 黒田官兵衛 丼鉢
が刷り込まれています。 
本題とは外れますがオスマントルコ軍の兜には
スプーンが付いていて、見た時、官兵衛さんとも親和性がたかいのでは、と思ってしまいました。
「腹が減っては戦はできぬ」‼︎

大鴉さん が  持舟城(静岡県静岡市) の写真をアップしました(2020-11-22)

頂上広場、本丸です。
頂上広場、本丸です。

現在は頂上広場となっている本丸跡です。

大鴉さん が  駿府城(静岡県静岡市) の写真をアップしました(2020-11-21)

天守台跡発掘中の様子。
天守台跡発掘中の様子。

寛永12年に焼失した天守の跡の発掘現場がみられます。古い石垣の保存作業も行われています。

大鴉さん が  駿府城(静岡県静岡市) を攻城しました(2020-11-21)

今、昔の天守台の発掘調査中です。発掘現場が見られるのと、プレハブで7分ぐらいの駿府城の歴史?のビデオが見られます。

大鴉さん が  犬山城(愛知県犬山市) を「行きたいお城」に登録しました(2020-11-07)

大鴉さん が  江戸城(東京都千代田区) を攻城しました(2020-09-19)

永田町から歩いて、桜田門をくぐって石垣に触れて東京駅へ。外苑の楠公像はやはり素晴らしくて眺めて帰りました。自分のパワースポット

大鴉さん が最近のひとことを更新しました(2020-07-28)

嬉しいです。図鑑が当たりました。普段はものすごくくじ運が悪くて、ビンゴだっていつも外れるのに!もう、本当に嬉しい

大鴉さん が  松江城(島根県松江市) を攻城しました(2020-07-05)

大鴉さん がアイコンを変更しました(2020-07-02)

大鴉さん の読者投稿欄「【都道府県バッジ】あなたが思う、石川県を代表するお城を教えてください(3つまでOK)」への回答が更新されました(2020-05-16)

金沢城です。
観光コースとして訪れやすいし、石垣を楽しむにも良いです。

大鴉さん が本城を  江戸城(東京都千代田区) に変更しました(2020-03-14)

大鴉さん が  久能山城(静岡県静岡市) を攻城しました(2020-03-11)

石垣を愛でながら下から登るのも楽しいです。剣客、じゃない健脚向きですが。振り返れば駿河の海!

大鴉さん が  駿府城(静岡県静岡市) を攻城しました(2020-03-11)

色々発掘が進んで、今ホットスポットだと思っています。

大鴉さん が  江戸城(東京都千代田区) を攻城しました(2020-03-11)

何度訪れても素晴らしい。中の広く開けた本丸跡はのびやかな空間ですし、見事な石垣もたのしめます。外苑の楠木正成像は無茶苦茶カッコ良いので、こちらもお忘れなくご覧下さい。何度行っても感動です。

大鴉さん が  松本城(長野県松本市) を攻城しました(2020-03-11)

天守閣の柱や梁に感動しました。

このアカウントをフォローすれば「最近のひとこと」などの活動履歴をもれなくチェックすることができます。
フォローしませんか

攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
(フォローするのに攻城団の登録は不要です)

今日のレビュー

眠れないほどおもしろい吾妻鏡: 北条氏が脚色した鎌倉幕府の「公式レポート」 (王様文庫 D 59-8)

鎌倉時代をおさらいしたくて手に取った本です。愚管抄を著した天台座主慈円が現代口調で語る鎌倉正史なのですが、そこは、慈円が語るのですから、北条中心の吾妻鏡の「変だなポイント」をちゃんとついています。そして4コママンガがついていたり、とてもわかり易く読み進められます。この本を読んだからというわけではないですが、鎌倉時代をおさらいして感じたのは、現代と当時の人のものの感じ方の違いです。どちらがいいとかじゃなくて、物事への優先順位の付け方が全く違うのです。うまく説明できないのですが…。みなさんはどう思われますか?

黒まめさん)

書籍ページを表示する

すべてのレビューを表示する

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る