ビジネスホテル駿府は静岡県の「静岡」エリアにあるホテルです。もっとも近いお城は駿府城です。

もう一度周辺地図を表示する

ビジネスホテル駿府

外観 入り口
提供:じゃらん
新静岡駅すぐ!便利な立地なのにリーズナブルに素泊まり☆
祝☆10周年記念♪
日頃ご愛顧いただいている皆様に感謝を込めてThank you(¥3,990)プランをご用意♪
JR静岡駅までも徒歩7分!静岡の街遊びに便利な立地で家庭的なサービスが◎
全室無料Wi-Fiでサクサク
じゃらんで予約する
その他の予約サイトで検索

宿の情報

施設名 ビジネスホテル駿府
住所 〒420-0839 静岡県静岡市葵区鷹匠1-5-10
交通案内
  • 【東京より】車以外/静岡鉄道新静岡駅バスターミナルより徒歩2分
  • 【東京・大阪より】車/東名高速~静岡IC~JR静岡駅方面へ約10分 車以外/JR静岡駅北口より徒歩7分
チェックイン
  • チェックイン 15:00
  • チェックアウト 11:00
標準的なチェックイン/チェックアウト時間のため、予約した宿泊プランによって変更になることがあります。
参考料金 予約サイトでご確認ください。
じゃらんで予約する
その他の予約サイトで検索

地図

宿から10km圏内の城を9件表示しています

駿府城の周辺にあるホテルを再検索する

周辺のお城

駿府城
65 駿府城    別名 府中城、静岡城

[静岡県][駿河] 静岡県静岡市葵区駿府公園1-1

平均評価:★★★★☆ 3.62(49位) 見学時間:1時間15分(36位) 攻城人数:2166人(22位)
八幡山城
1025 八幡山城 制覇

[静岡県][駿河] 静岡県静岡市駿河区八幡山

平均評価:★★★☆☆ 2.88(0位) 見学時間:37分(0位) 攻城人数:62人(906位)
賤機山城
926 賤機山城 制覇   別名 臨済寺城、龍鼻砦

[静岡県][駿河] 静岡県静岡市葵区大岩

平均評価:★★★☆☆ 3.23(0位) 見学時間:1時間19分(0位) 攻城人数:80人(693位)
安倍城
1908 安倍城 制覇   別名 安倍本城

[静岡県][駿河] 静岡県静岡市葵区西ヶ谷

平均評価:★★★☆☆ 3.00(0位) 見学時間:1時間39分(0位) 攻城人数:26人(1950位)
丸子城
614 丸子城 制覇   別名 大鈩砦、泉ヶ谷砦、三角城、宇津谷城、鞠子城、赤目ヶ谷砦

[静岡県][駿河] 静岡県静岡市駿河区丸子

平均評価:★★★★☆ 3.80(0位) 見学時間:1時間9分(0位) 攻城人数:195人(325位)
持舟城
1701 持舟城 制覇   別名 用船城、用宗城、持船城、城山

[静岡県][駿河] 静岡県静岡市駿河区用宗城山町

平均評価:★★★☆☆ 3.08(0位) 見学時間:47分(0位) 攻城人数:75人(733位)
久能山城
703 久能山城 制覇   別名 久能寺城、久能城

[静岡県][駿河] 静岡県静岡市駿河区根古屋

平均評価:★★★☆☆ 3.34(0位) 見学時間:1時間24分(0位) 攻城人数:426人(206位)
江尻城
1636 江尻城 制覇

[静岡県][駿河] 静岡県静岡市清水区江尻町

平均評価:★★☆☆☆ 2.40(0位) 見学時間:25分(0位) 攻城人数:80人(693位)
清水袋城
1637 清水袋城 制覇   別名 清水城、袋城、浜清水袋城

[静岡県][駿河] 静岡県静岡市清水区本町

平均評価:★★☆☆☆ 1.92(0位) 見学時間:16分(0位) 攻城人数:44人(1314位)
ほかの宿泊施設にレビューを投稿するには
お城のページにある「周辺の宿・ホテル」から該当するホテルを見つけてください(お城のページには5件だけ表示していますので、その他のホテルは「地図で周辺の旅館・ホテルを表示する」のリンクを押してください)。地図からホテルを選び、詳細ページを表示すると右上に「レビューを書く」という緑のボタンがありますので、これを押すと入力欄が表示されます。

広告 宿の予約サイト

その他の宿を検索するならこちらからどうぞ。

攻城団は以下のアフィリエイトプログラムを利用しており、このページから宿を予約していただいた際に入る手数料は運営費の一部とさせていただいております
バリューコマースもしもアフィリエイトA8.net
フォローしませんか

攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
(フォローするのに攻城団の登録は不要です)

今日のレビュー

とまどい本能寺の変

 本能寺の変が起こったことで、翻弄されとまどう人たちを描いた7篇と、本能寺の変の謎を作者岩井三四二が検証し、驚きの結末を導き出した「本能寺の変に黒幕はいたか」の計8篇の短編集。
 大きな存在である信長の死によって、身の処し方に右往左往する人たちに視線を向けることは今まであまりなかったので、とても新鮮。命のやり取りが当たり前な当時としては至極当然な戸惑いだなと、妙に納得もしました。
 重厚なイメージのある戦国ものの中で、サクッと読みやすいお話です。

黒まめさん)

書籍ページを表示する

すべてのレビューを表示する

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る