まだすべての情報を掲載できていませんが、順次加筆していきます。
ないとうけ

内藤家(信成系)

内藤家(信成系)の概要

大名種別
いわゆる親藩・譜代・外様の分類
譜代
大名の格
幕府が定めた大名家の格付け
城主
控えの間
江戸城に登城した際に待機する部屋(詰所)
帝鑑之間
官位(武家官位)
歴代当主が与えられた最高官位
従四位下
爵位
1884年(明治17年)の華族令制定時に与えられた爵位
子爵

内藤家(信成系)の歴史

日向国延岡藩内藤家の分家。内藤信成から連なる系統である。信成は清長(本家初代・家長の父)の養子となって分家を立てるのだが、じつは表沙汰にされないものの、信成は松平広忠の子で、家康の異母弟に当たる人物だ。伊豆国韮山藩1万石を与えられ、駿河国府中藩4万石を経て近江国長浜藩4万石へと至った。
その後、摂津国高槻藩4万石、陸奥国棚倉藩7万石、駿河国田中藩5万石と転封をくり返し、最後は越後国村上藩5万90石に落ち着いている。

幕末の村上藩内藤家には悲劇があった。12代・信民は若くして家督を継いだが、当時の藩内は佐幕派と尊王派が真っ向から対立していたのだ。
信民は先代の信親から新政府軍に恭順するよういわれていたが、佐幕派の主戦論を押さえきることができなかった。結局、村上藩は奥州の諸藩とともに新政府軍と戦い、敗退する。それでもやまない主戦論を前に、信民は城内で首を吊ってしまったのだ。藩主が抗戦か恭順かで悩んだ末に自ら命を絶った例は、信民と信濃国須坂藩の堀直虎の、2人しかいない。

内藤家(信成系)の歴代当主

  1. 内藤信成
  2. 内藤信正
  3. 内藤信照
  4. 内藤信由
  5. 内藤弌信
  6. 内藤信輝
  7. 内藤信興
  8. 内藤信旭
  9. 内藤信凭
  10. 内藤信敦
  11. 内藤信親
  12. 内藤信民
  13. 内藤信美

内藤家(信成系)が藩主をつとめた藩の履歴

江戸幕府が樹立された1603年(慶長8年)から、廃藩置県が断行された1871年(明治4年)までの期間において、内藤家の当主が藩主をつとめた履歴です。

府中藩(駿府藩、静岡藩) 4万石

1601年(慶長6年)〜1606年(慶長11年)

長浜藩 4万石

1606年(慶長11年)〜1615年(慶長20年)閏6月

高槻藩 4万石

1615年(慶長20年)閏6月〜1617年(元和3年) 1617年(元和3年)、伏見城代に就任

棚倉藩 5万石

1627年(寛永4年)〜1705年(宝永2年)

田中藩 5万石

1705年(宝永2年)〜1720年(享保5年)9月19日

村上藩(本庄藩) 5万石

1720年(享保5年)9月19日〜1871年(明治4年)

このページに記載してある内容の大半は 榎本事務所に寄稿していただきました。ありがとうございます!
   

この記事をいろんなキーワードで分類してみましょう。

この記事のURLとタイトルをコピーする
これからあなたが訪問するお城をライフワークとして記録していきませんか?(過去に訪問したお城も記録できます)新規登録(登録は無料です)

あなたのお城巡りをより便利に快適に、そして楽しくするためにぜひ登録してください。

新規登録(登録は無料です)

フォローしませんか

攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
(フォローするのに攻城団の登録は不要です)

今日のレビュー

知れば知るほど好きになる名古屋城

タイトルどおり、名古屋城についてのあれこれがみっちり詰まった一冊。知らないこともいっぱい書いてありました。見つけたら即買いをオススメします。

こうの)

書籍ページを表示する

すべてのレビューを表示する

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る