丸岡城
丸岡城

[福井県][越前] 福井県坂井市丸岡町霞1-59


  • 平均評価:★★★★☆ 3.82(25位)
  • 見学時間:59分(74位)
  • 攻城人数:2291(20位)

丸岡城の城主メモ 訪問日の新しい順

応募された日本一短い手紙が掲示されている。読んでみるとほろりとさせられるものがいくつもあった。

(2019/08/25訪問)

団員総会で二回目の攻城、あの人数で天守に登ると定員オーバーも笑い話では無いなと感じました。実戦では役に立たない明かり取りの狭間の話とか非常に面白い話が聞けました。

(2019/08/24訪問)

石垣に墓石が使われているのは初回訪れた時気づきませんでした。天守の階段向かって左側 (南側) の石垣の上の方にあります。青緑っぽい色をしているので、丸岡城の石瓦にも使われている笏谷石 (しゃくだにいし) かも。

(2019/08/24訪問)

あわら温泉・永平寺・丸岡城直行バスあります。(2020年3月29日までの土日祝)。事前に乗車券の購入が必要です。丸岡城↔芦原温泉駅間¥400、所要時間20分。乗車券は一筆啓上茶屋、おしえる座ぁ芦原温泉駅店他で販売してます。

(2019/08/24訪問)

第三回攻城団総会の会場となったお城!✨
古風な天守閣には、実はいろんな秘密が沢山ある事が、ボランティアガイドさんのお話で良く解りました。ただ、天守閣は素晴らしいものでしたが、全体的に城山の整備の在り様が人工的でいまいち風情に欠けるようには感じられました。

(2019/08/24訪問)

団員総会で現地ガイドさんに案内していただく前に、ひと回りしたら、古い石垣が少し残っているんですね。あまり注目されていないのはもったいない(と、思わずガイドさんにも言ってしまいました)。場所は券売所の向かいにある小さな八幡社の下辺りです。

(2019/08/24訪問)

団員総会後、ガイドの解説を聞きながら攻城。勉強になりました。

(2019/08/24訪問)

団員総会でお邪魔させていただきました!日本最古級の現存天守はもちろんなのですが、他では見ることの出来ない本丸に続く長い石階段、墓石が使用されている部分があるなど、石垣好きをくすぐるポイントが沢山ある良いお城でした☆

(2019/08/24訪問)

団員総会で約10年ぶりに功城しました。何度見ても、趣のある大好きな天守です。
ガイドさんのお陰で、天守台の転用石の存在 、天守入口の真っ直ぐの階段が築城時から存在した事、狭間と思った物が採光の役目しか無かった等、初めて知りました。公園内の一筆啓上茶屋の越前おろしそばとソースカツ丼の「福井県人セット」は福井名物を一度に楽しめお勧めです。

(2019/08/24訪問)

一筆啓上茶屋の蕎麦は美味しい蕎麦です。

(2019/08/24訪問)

団員総会にて攻城。
ガイドの方が素晴らしくて知識だけでなく思い出も得られた。

(2019/08/24訪問)

広い駐車場あり。天守閣までスムースに登ることができら

(2019/08/23訪問)

天守内の階段は、まるで直角の梯子です。手荷物があったら上り下りは厳しいです。入場券は嬉しいオマケ付きですよ!

(2019/08/21訪問)

現存天守の中でも味わいのある古風な佇まい、石瓦は異彩を放っていますので是非一見を

(2019/08/14訪問)

福井戦国武将会のお弔いツアーに参加しての攻城。ボランティアガイドさんの案内で、まずはガイダンス施設で、地元の高校の放送部が作った案内ビデオ(5分ほど)を見ました。とても素晴らしい出来です。入城チケットには洋服の衿などについているタグ素材で出来た栞がおまけについていて、いい記念になりました。丸岡城内の階段はとても急でしたが、降りるときのほうが楽。天守からの眺めもとても良かったです。

(2019/08/01訪問)

現存12天守カード、ご城印をお土産に買いました。現存最古の天守閣なので、個人的には国宝になってもいいと思いますね。

(2019/07/15訪問)

小さい天守ですが現存天守なのでとても歴史を感じます。日本で最古の天守と言われるのがわかるような作りになっていました。急な階段も見どころだと思います。

(2019/07/05訪問)

素朴な天守は小さいが堂々としていて、来てよかったと思った。バスの本数が少なく、時間をつぶすために「日本一短い手紙の館」で丸岡城のビデオを見たり、置いてある穴太衆と石垣についての本を読んだり、勉強してしまった

(2019/06/27訪問)

現存天守。前々から行きたかった城。念願叶った。独立式天守で野面積みの石垣が時代を感じさせる。こじんまりとしつつも威厳を感じさせる天守。

(2019/06/27訪問)

天守内の階段は急勾配。
女性の方スカート注意です。

(2019/05/18訪問)
フォローしませんか

攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
(フォローするのに攻城団の登録は不要です)

今日のレビュー

教科書には書かれていない江戸時代

「教科書には書かれていない」というワードと、教科書会社出版という2つにひかれて手に取った本です。
教科書に書かれている事実(とされている事柄)の間を丹念に埋めるような内容です。
「参勤交代の経済学」は、面白かったです。「大名は本陣に泊まるときには、宿泊料を払わなかった」とか、「『超高速参勤交代』は、超高速じゃなかった」とか、「参勤交代で、行列同士が出会ったら」とか、面白くて一気に読みました。
あとは、「武士道と切腹」「幕末のとある旗本の一生」「天璋院篤姫」「徳川慶喜はなぜ大政奉還したのか」「江戸の庶民」「江戸の学問、名君池田光政と花畠教場・閑谷学校」など、事実だけではなく、そこに至る経緯、人の思惑、顛末など教科書のすき間を埋める事柄がたくさん書かれています。
授業で教えてくれたら、面白かっただろうな、でもきっと決められた時間数では終わらないだろうな、なんて考えながら読みました。

黒まめさん)

書籍ページを表示する

すべてのレビューを表示する

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る