種里城
種里城

[青森県][陸奥] 青森県西津軽郡鯵ヶ沢町種里町


  • 平均評価:★★★☆☆ 2.83(--位)
  • 見学時間:40分(--位)
  • 攻城人数:28(1704位)

種里城の御城印

種里城の御城印の販売は「光信公の館」が11月1日~翌年4月末までの間、休館となるため、5月~10月の金・土・日曜日限定となっていますのでご注意ください。

種里城でも御城印が販売されています。

14代・津軽義孝氏が揮毫した「津軽藩発祥之地」の文字のほか、大浦光信の家紋「蔓花菱」と、津軽家の家紋「杏葉牡丹」がデザインされています。
書き置きで、日付欄は空欄のまま販売となっています(ただし大浦光信の命日である10月8日のみ日付スタンプが押されます)。

1枚300円(税込)で、資料館「光信公の館」で購入できます。

鰺ヶ沢町教育委員会学芸員の中田さんからコメントをいただけたのでご紹介します。

   

この記事をいろんなキーワードで分類してみましょう。

この記事のURLとタイトルをコピーする
これからあなたが訪問するお城をライフワークとして記録していきませんか?(過去に訪問したお城も記録できます)新規登録(登録は無料です)

種里城の城メモ一覧

注目 全国の御城印(お城版の御朱印)を販売しているお城の一覧

攻城団では全国の「御城印(ごじょういん)」を販売されているお城を調査しています。最新のリストはこちらのページでご確認いただけます。

全国の御城印リストを表示する

あなたのお城巡りをより便利に快適に、そして楽しくするためにぜひ登録してください。

新規登録(登録は無料です)

フォローしませんか

攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
(フォローするのに攻城団の登録は不要です)

今日のレビュー

カラー図解 城の攻め方・つくり方

豊富なカラー写真、縄張り図、イラストを使って解説する総合的な城の入門書。初心者が興味を持ちやすい近世城郭はもちろん、戦国時代の「土の城」「山城」にもかなりのページを割いて、その魅力をアピールしている。また、実際に戦いの舞台となった城の解説では、城の周囲の地形や支城群や陣城、部隊の配置などの図により、歴史のターニングポイントになった戦いのイメージをつかみやすい。

こめつぶさん)

書籍ページを表示する

すべてのレビューを表示する

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る