逃げる百姓、追う大名―江戸の農民獲得合戦 (中公新書) 新書


まーちゃんさん

図書館で歴史の本を見ていたら、面白そうな題名だったので読んでみることにしました。江戸中期後期にかけて村落規模での集団的な行動が多かったようですが、前期は個人や家族の規模で別の大名領や家臣知行地に移動する事を「走り」と言って、その人を「走り者」と言っていたそうです。その移動距離はせいぜい50~60キロメートルの範囲が多く、元は同じ地域圏内での移動が多かったようです。この著書では江戸前期の細川忠興、忠利が治めた豊前国細川領を主な対象として走り者の頻出と権力側の対応について書かれています。江戸幕府が開かれ世間が落ち着き大開墾時代を迎え、一人でも多くの百姓を確保しておきたい権力者同士のやり取りが理解することが出来ます。走り者の返還申し入れがあったら返すが、なければそのままにしておくというのがその当時の慣例であったようです。江戸時代前期の支配者と被支配者の関係をより深く理解するのに適した著書だと思います。

Amazonの詳細ページを表示する

書籍の情報

タイトル 逃げる百姓、追う大名―江戸の農民獲得合戦 (中公新書)
著者 宮崎 克則
出版社 中央公論新社
発売日 0000-00-00
ISBN
  • ISBN-10 4121016297
  • ISBN-13 9784121016294
価格 248円

この書籍をいろんなキーワードで分類してみましょう。

  • まだ登録されていません
Amazonの詳細ページを表示する
攻城団は以下のアフィリエイトプログラムを利用しており、このページから書籍を購入していただいた際に入る手数料は運営費の一部とさせていただいております
AmazonバリューコマースもしもアフィリエイトA8.net

紹介されているお城

まだ登録されていません。

ほかの本にレビューを投稿するには
以下の検索フォームで書籍を検索してください。検索結果にある「レビューを書く」という緑のボタンを押せば入力欄が表示されます。

Amazon検索ツール

ほかの書籍を検索することができます。

最近レビューされた書籍

Amazonウィッシュリスト

攻城団で必要としている資料(書籍・雑誌)やカメラ等の機材をAmazonのウィッシュリストで公開しています。いずれも直近では必要としないもののいずれは攻城団の運営に必要なものばかりですので、プレゼントしていただければ大変ありがたいです。
また現状、匿名でのご支援が可能なのはこの方法のみとなっています(匿名で送るにはクレジットカードで決済せず、ギフト券で支払う必要があるようです)。

Amazonウィッシュリストで支援する

フォローしませんか

攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
(フォローするのに攻城団の登録は不要です)

今日のレビュー

知れば知るほど好きになる名古屋城

タイトルどおり、名古屋城についてのあれこれがみっちり詰まった一冊。知らないこともいっぱい書いてありました。見つけたら即買いをオススメします。

こうの)

書籍ページを表示する

すべてのレビューを表示する

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る