戦国24時 さいごの刻(とき) 単行本


デュラけんさん

戦国十二刻 始まりのとき に続く、木下昌輝先生の歴史人の亡くなる前の24時間を描いた小説です。
豊臣秀頼、伊達政宗の父伊達輝宗、今川義元、山本勘助、足利義輝、徳川家康、の亡くなる前をドラマチックに描かれております。スイスイ読めました。

Amazonの詳細ページを表示する

書籍の情報

タイトル 戦国24時 さいごの刻(とき)
著者 木下 昌輝
出版社 光文社
発売日 2016-09-15
ISBN
  • ISBN-10 433491117X
  • ISBN-13 9784334911171
価格 1540円
ページ数 268ページ

この書籍をいろんなキーワードで分類してみましょう。

  • まだ登録されていません
Amazonの詳細ページを表示する
攻城団は以下のアフィリエイトプログラムを利用しており、このページから書籍を購入していただいた際に入る手数料は運営費の一部とさせていただいております
AmazonバリューコマースもしもアフィリエイトA8.net

紹介されているお城

この書籍で紹介されているお城です。

ほかの本にレビューを投稿するには
以下の検索フォームで書籍を検索してください。検索結果にある「レビューを書く」という緑のボタンを押せば入力欄が表示されます。

Amazon検索ツール

ほかの書籍を検索することができます。

最近レビューされた書籍

フォローしませんか

攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
(フォローするのに攻城団の登録は不要です)

今日のレビュー

宇喜多の捨て嫁 (文春文庫)

宇喜多直家は何故梟雄と怖れられたのか。
過酷な運命の連続は、稀代の大悪人のイメージを払拭する。
直家を取り巻く人物・歴史的背景が描かれており、備前から播磨に至る戦国史の把握にもお勧めです。

遠里小野さん)

書籍ページを表示する

すべてのレビューを表示する

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る