滅びの将―信長に敗れた男たち (時代小説文庫 (247)) 文庫

南無阿弥陀仏、南無阿弥陀仏……僧は唱えた。病人は胸元に鈍い光沢を放つ高麗茶碗を抱いていた。淋しい臨終を迎えようとしている者の名は道薫、又の名を荒木村重――一向一揆攻略、毛利攻めで織田軍団きっての猛将と名を高め、秀吉に準ずる程の地位を得た村重が、なぜ、後に臆病者、卑劣漢と罵られたのか? 荒木村重の数奇な生涯と独自の美学にせまる「我やさき、人やさき」他、信長に滅ぼされた別所長治、吉川経家、松永久秀、清水宗治らの惨憺たる落城を描いた秀逸歴史小説! *解説頁・岡本好古

遠里小野さん

信長に敗れた5人の戦国武将達(別所長治・荒木村重・吉川経家・松永久秀・清水宗治)それぞれの戦と葛藤を描いた短編集。敗者側からの視点で描かれたストーリーは、結果が分かっていながらも引き込まれるものがありました。

Amazonの詳細ページを表示する

書籍の情報

タイトル 滅びの将―信長に敗れた男たち (時代小説文庫 (247))
著者 羽山 信樹
出版社 富士見書房
発売日 0000-00-00
ISBN
  • ISBN-10 4829112476
  • ISBN-13 9784829112472
価格
ページ数 308ページ

この書籍をいろんなキーワードで分類してみましょう。

  • まだ登録されていません
Amazonの詳細ページを表示する
攻城団はアフィリエイトプログラムを利用しており、このページから書籍を購入していただいた際に入る手数料は運営費の一部とさせていただいております

紹介されているお城

この書籍で紹介されているお城です。

ほかの本にレビューを投稿するには
以下の検索フォームで書籍を検索してください。検索結果にある「レビューを書く」という緑のボタンを押せば入力欄が表示されます。

Amazon検索ツール

ほかの書籍を検索することができます。

最近レビューされた書籍

フォローしませんか

攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
(フォローするのに攻城団の登録は不要です)

今日のレビュー

戦国の城の一生: つくる・壊す・蘇る (歴史文化ライブラリー)

戦国時代の城が築かれてからその役目を終えて廃城になるまでの「城の一生」を、文献史料を丹念に読み解いて探る一冊。築城の仕方、日々の使われ方や維持管理、不要になったときの処理の仕方、使われなくなった城の再利用まで、決して多く残されている訳ではない史料の中から浮かび上がってきて、攻城戦や縄張りだけではないお城の魅力を引き出してくれる。「城掟」から読み解く城のメンテナンスや警備、城兵に課せられた禁止事項などが興味深い。

こめつぶさん)

書籍ページを表示する

すべてのレビューを表示する

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る