攻城団からのお知らせ

「富山県三名城」のバッジを公開しました

【都道府県バッジ】第46弾となる「富山県三名城」を公開しました。

いよいよこの都道府県三名城企画もあとわずかとなりました。
今回は富山県の三名城です。かつては越中国と呼ばれたこの地域には守護代から戦国大名になった神保氏がいましたが、室町時代から江戸時代にいたるまで領主が頻繁に入れ替わっています。
団員のみなさんに「初心者でも楽しめそう」という基準で選んでいただいた結果、富山県を代表するお城として選ばれたのは以下の3城です。

1位は日本100名城にも選ばれている高岡城(46票)でした。富山県は高岡城ひとつだけなんですね。ぼくは行ったことがないのですが、建築遺構こそないものの、堀を含む縄張りがしっかり残っているのでお城の広さを実感するにも良さそうです。
続く2位には現在の富山駅からも徒歩圏内の富山城(45票)が選ばれました。徒歩で行けるのですが、富山はトラムが有名なので路面電車で行くのもオススメです。
そして3位には神保長職の居城として知られる増山城(39票)が選ばれています。山城なので選ぶべきかどうか迷われた方も多そうでしたが、比較的整備がしっかりなされているので土塁、堀切といった山城特有の防御の仕組みを見るにはいいかもしれません。

4位には土塁がきれいに現存しており、すぐそばに安田城跡資料館も併設されている安田城(7票)が選ばれています。
安田城といえば、ひこにゃんさんがたくさん写真をアップしてくださっているのですが、トップ3に入ってもおかしくないくらいのお城だと思います。

それ以外では、松倉城(5票)や魚津城(2票)が選ばれていました。

ちなみに増山城と松倉城に加えて、守山城(富山県高岡市)の3城で「越中三大山城」と呼ばれることがあり、お城の紹介文にも記述しているのですが、各自治体(教育委員会)に問い合わせたものの出典が不明とのことなのでバッジとして公開できていません。
(出典不明でも観光協会などで「越中三大山城のひとつ......」として紹介されるのはよくあることです)

現在は最後の投票として、東京都の三名城を募集中ですので、ぜひみなさん投票にご参加ください!

読者投稿欄に回答する

   
この記事のURLとタイトルをコピーする
これからあなたが訪問するお城をライフワークとして記録していきませんか?(過去に訪問したお城も記録できます)新規登録(登録は無料です)

最新記事

鞠智城にチラシが置いてあります

  • チラシ設置報告

教科書にも出てくる「白村江の戦い」で大敗した大和朝廷が築いた古代山城(朝鮮式山城)のひとつ、鞠智城にも攻城団のチラシを置いていただきました。温故創生館と八角形鼓楼内で入手できます。

つづきを読む

城がたり「ちょっとわかる茶の湯講座」開催決定のお知らせ

  • お知らせ

はつみんさんが城がたり「ちょっとわかる茶の湯講座」を企画してくれました。茶道に興味はあるけど敷居が高く感じている方向けに、ご自身が学んだことからいろいろ教えていただきます。

つづきを読む

竹崎城にチラシが置いてあります

  • チラシ設置報告

有馬氏と龍造寺で争奪され、さらには「沖田畷の戦い」で島津氏の攻撃も受けた歴史を持つ竹崎城にも攻城団のチラシを置いていただきました。道の駅太良観光案内所で入手できます。

つづきを読む

暫定登録のお城を非表示にできるようにしました(制覇モードの表示レベル変更)

  • お知らせ

最近、有志の方々のご協力のおかげもあり暫定登録のお城が増えてきたので、制覇モードを2段階にして暫定登録の表示/非表示を選べるようにしました。

つづきを読む

攻城団レポート(2024年5月)

  • 月次レポート

毎月恒例の月次レポートを公開します。アクセスは前月とほぼ横ばいでしたが、GWの影響か新規入団者が増えてます。攻城団はお城の訪問履歴を管理する個人向けサービスですが、同時に同じ趣味の仲間と交流して城めぐりを楽しむコミュニティでもあります。よければその両方の側面を活用してくださいね。

つづきを読む

記事の検索

あなたのお城巡りをより便利に快適に、そして楽しくするためにぜひ登録してください。

新規登録(登録は無料です)

フォローしませんか

攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
(フォローするのに攻城団の登録は不要です)

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る