攻城団からのお知らせ

攻城団の各種お知らせ用のブログです。毎月のレポートや新機能のご紹介など、スタッフからのサイトに関するご連絡はここに書いていきます。

「出世城」バッジを公開しました

新バッジ「出世城」を公開しました。

出世城は明確にこの城とこの城というような定義があるわけではないのですが、一般的にそう呼ばれることの多い岡崎城や浜松城をはじめ、豊臣秀吉が最初の持城として築城した長浜城などいくつか追加してバッジにしました。
ちなみに数少ない由来のひとつとして、明治期の俳人で「第二の芭蕉」とも呼ばれた松島十湖(まつしまじっこ)が詠んだ「はま松は、出世城なり、初松魚」という俳句があります。

ひとくちに「出世」といっても織田信長の時代と、天下統一を果たした豊臣秀吉の時代、さらに徳川家康が開いた江戸幕府の時代ではその意味合いも異なります。
江戸時代の場合は老中や大老などに昇進した城主の数が目安になりますが、信長の頃はひとりの武将の立身出世の意味合いが強くなりますし(長浜城=秀吉)、豊臣政権下では五奉行や三中老クラスの武将が対象になるかと思いますが、いずれもはっきりしていません。

今回、清州城を選んでいるのは家臣ではなく信長自身が天下取りの出発点となった城であることが基準ですので、三英傑が世に出るきっかけとなったお城プラスアルファくらいの感覚で考えるのがちょうどいいかと思います。
いずれにせよ、縁起の良いお城であることはまちがいないので、バッジの獲得を狙ってみてはいかがでしょうか。

余談ですが、インターネットで検索するとお酒の名前になっていますね。
一度飲んでみたいものです。

   
この記事のURLとタイトルをコピーする
これからあなたが訪問するお城をライフワークとして記録していきませんか?(過去に訪問したお城も記録できます)新規登録(登録は無料です)

最新記事

「大分県三名城」のバッジを公開しました

  • お知らせ

みなさんの投票を参考に【都道府県バッジ】シリーズの第31弾として「大分県三名城」のバッジを公開しました。

つづきを読む

新連載「戦国時代の境界大名」がはじまります

  • お知らせ

榎本先生の連載「戦国時代の境界大名」がはじまります。メジャーな戦国大名に比べて、どうしても地味な扱いをされることの多い国衆や中小領主ですが、彼らのほとんどが滅亡の道をたどる一方で、真田家や井伊家のように近世大名として生き残った一族もいます。その差はどこにあったのか、戦国時代の処世術を見てみましょう。

つづきを読む

攻城団レポート(2020年12月)

  • 月次レポート

毎月恒例の月次レポートを公開します。12月は寒くなったことに加えて、世の中の空気的な影響もあり、アクセスは大きく下がりました。こればっかりはしょうがないですね。

つづきを読む

2019年10月〜2020年9月期のサポーターによる支援状況の報告とお礼

  • サポーター

昨年度のサポーターのみなさんによるご支援の状況についてまとめました。ほんとうにありがとうございました。引き続きご支援のほどよろしくお願いいたします!

つづきを読む

「岐阜県三名城」のバッジを公開しました

  • お知らせ

みなさんの投票を参考に【都道府県バッジ】シリーズの第30弾として「岐阜県三名城」のバッジを公開しました。

つづきを読む

記事の検索

あなたのお城巡りをより便利に快適に、そして楽しくするためにぜひ登録してください。

新規登録(登録は無料です)

フォローしませんか

攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
(フォローするのに攻城団の登録は不要です)

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る