攻城団からのお知らせ

攻城団の各種お知らせ用のブログです。毎月のレポートや新機能のご紹介など、スタッフからのサイトに関するご連絡はここに書いていきます。

「筑前六端城」バッジを公開しました

新バッジ「筑前六端城」を公開しました。

「筑前六端城」は「黒田六端城」とも呼ばれ、「関ケ原の戦い」の恩賞で豊前中津18万石から筑前52万石に加増移封された黒田長政が国境に設けた6つの支城のことです。
すべて居城である福岡城の東側、6つのうち麻底良城をのぞく5城は豊前国との国境に築かれていますが、これは当時、黒田長政と豊前の大名である細川忠興が不仲であったことが理由です。

もともと黒田家と細川家の関係は良好でしたが、この福岡への国替えの際に長政が徴収した年貢を持ち去ったことが原因で急激に悪化します。
丹後宮津18万石から豊前中津39万石へ加増移封となった忠興は国替えの作法にのっとり旧領では年貢を徴収せず、新領である中津で年貢を徴収しようとしたところ、すでに長政が持ち去っていたため徴収することができず、長政の行為を不当として徳川家康に提訴しています。
しかしこの時点では家康も幕府を開く前であったこともあり、大名間の問題に介入しませんでした。やむをえず忠興は長政に年貢の返還を求めたものの、長政はこれを拒否したため、忠政は激怒して関門海峡に細川水軍を配備して一触即発の事態に発展しました。
最終的には両者と親しい片桐且元山内一豊の依頼に応えた家康が、家臣の榊原康政に仲裁を命じ、長政は中津で徴収した年貢を分割で返済することで和解しています(けっきょく長政は2年かけて返済しています)。

余談ですが、長政が移った筑前国の年貢も前の領主であった小早川秀秋によって持ち去られており、また「関ケ原の戦い」以前の話ですが、上杉景勝が越後から会津に移る際にも後任の堀秀治に対して同じように年貢の持ち去りをおこなっていますので、長政だけが理不尽なことをしたわけではないです。
むしろこれは作法を重んじる細川家の美徳を示すエピソードなのかもしれません。

こうした経緯があり、黒田家と細川家の関係は険悪になりましたが、それで終わりません。
その後、年貢の徴収が厳しい黒田領から、比較的ゆるやかであった細川領に逃げ出す農民が続出しました。通常、逃散した農民は元の土地へ返すという取り決めが大名間で交わされるのですが、すでに犬猿の仲となっている両者の間ではそれもなく、忠興が農民をそのまま受け入れたため、今度は長政が怒ることになります。
そこで長政は国境防衛と農民の逃亡を監視させることを目的に支城網を整備したというわけです。これが筑前六端城です。
筑前六端城には後藤又兵衛基次母里多兵衛友信栗山備後守利安井上周防守之房といった重臣が城主として配置されますが、いずれも「一国一城令」で廃城となりました。

なお後藤又兵衛が忠興と書簡を交わしていたことが発覚したため長政の怒りを買い、又兵衛が黒田家を出奔した話にもつながります。
又兵衛は細川家へ身を寄せたため、長政は忠興に抗議します。しかし過去の経緯から忠興が無視したため、両家は再び一触即発となり、今度は幕府も迅速に介入し、又兵衛を細川家から出すことで解決しました。
長政は他家への再士官をさせないように「奉公構(ほうこうかまえ)」を出したため、又兵衛は浪人になるしかできず、これがのちの「大坂の陣」での活躍につながっていくわけで、歴史の糸というのはほんとうにおもしろいですね。

脱線ついでに後藤又兵衛についてはこちらのマンガをぜひお読みください。
(個人的にはこのマンガに登場する長政はただの性悪じゃなく、人情味が溢れていて好きです)

マンガでわかる後藤又兵衛 [マンガで学べる歴史] | 攻城団(全国のお城検索サイト)

大久保ヤマト先生が描かれた後藤又兵衛のマンガです。又兵衛には人間味あふれるエピソードがたくさんあるのですが、彼の魅力が120%描かれた作品になってます!

ちなみに筑前六端城のひとつ、若松城は別名「中ノ島城」と呼ばれていたように、島にあった城ですが、現在は消滅しており、厳密な意味で訪問することが不可能なお城です。
若戸大橋から少し離れた北九州市立戸畑図書館の前に中ノ島にあった石が展示されているので、若戸大橋が見える大橋公園か、戸畑図書館あたりを訪問することで攻城とするしかありません。近くの善念寺(北九州市若松区本町)に城主だった三宅若狭守家義の墓がありますので、ここを目的地にするのもいいと思います。

   
この記事のURLとタイトルをコピーする
これからあなたが訪問するお城をライフワークとして記録していきませんか?(過去に訪問したお城も記録できます)新規登録(登録は無料です)

最新記事

古宮城にチラシが置いてあります

  • チラシ設置報告

馬場信春が築いた古宮城の近くにある作手歴史民俗資料館に攻城団のチラシを置いていただきました。

つづきを読む

攻城団お城講座「めっちゃよくわかる二条城」を開催しました

  • お城講座

「攻城団お城講座」を開催しました。初回は「めっちゃよくわかる二条城」というタイトルでぼくが講師をつとめました。

つづきを読む

長篠城、古宮城、設楽原決戦場のご当地缶バッジができました

  • ご当地缶バッジ

ご当地缶バッジシリーズの最新作ができました。一挙に3つも増えたのでぜひ現地を訪問してお買い求めください。

つづきを読む

攻城団レポート(2019年10月)

  • 月次レポート

毎月恒例の月次レポートを公開します。10月も好調を維持していますが、もっともっと上を目指してがんばります。

つづきを読む

2020年の卓上カレンダーを予約受付中!

  • ショップ・グッズ

毎年恒例の卓上カレンダーですが、来年版もとてもいい仕上がりになっていますよ。

つづきを読む

特集記事

あなたのお城巡りをより便利に快適に、そして楽しくするためにぜひ登録してください。

新規登録(登録は無料です)

フォローしませんか

攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
(フォローするのに攻城団の登録は不要です)

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る