攻城団からのお知らせ

攻城団の各種お知らせ用のブログです。毎月のレポートや新機能のご紹介など、スタッフからのサイトに関するご連絡はここに書いていきます。

明智光秀のバッジを公開しました

新バッジ「明智光秀ゆかりの城めぐり」を公開しました。
来年、2020年の大河ドラマ「麒麟がくる」の主人公・明智光秀にゆかりのあるお城を集めたバッジです。

とはいえ光秀については前半生について資料がなく、どこで生まれたかも定かではありません。
従来から岐阜県可児市の明智城と、岐阜県恵那市の明知城はの両者が「生誕地」であると主張していて、さらに最近になって滋賀県教育委員会が滋賀県犬上郡多賀町生誕説を発表しています。

生誕地については織田信長も諸説あってバッジ化する際に困ったのですが、今回はとりあえず明智城と明知城のどちらも入れることにしました。もし今後どちらかが有力と判明することがあればもう片方をはずすつもりです。
なお今回は参考資料として最近出版されたばかりの「図説 明智光秀」も読みましたが、本書でも生誕地については断定されてませんでした。

図説 明智光秀[単行本(ソフトカバー)] | 攻城団

「攻城団」はあなたが日本全国の城を巡った訪問記録を保存できるサービスです。もちろん全国各地のお城について、その見所やうんちくのほか、駐車場などのアクセスに関する情報も検索できますので、次に訪問するお城を探す際にもぜひご利用ください。

ちなみに坂本城を築城する前、光秀は元亀争乱で戦死した森可成の後任として宇佐山城主になってたんですね。
また信長に降伏した松永久秀から取り上げた多聞城の城代もつとめていますが、このときはあくまでも坂本城主の立場なので入れていません。

その坂本城ですが、琵琶湖に面した湖城で、安土城より先に天守が築かれた城でもあります(小天守もあったとか)。
信長の家臣団において最初の「城持ち」になった光秀は、その後も出世して丹波を平定すると統治拠点として亀山城を築き、さらに福知山城や周山城を築いています。
周山城は知名度こそ高くありませんが、光秀が丹波・山城の国境に築いた城で、いまも石垣が残っています。ぼくもまだ攻城できてないのでいつか行きたい城のひとつです。

大河ドラマはオリジナルの脚本みたいなのでどんな展開になるのかはわかりませんが、光秀メインの展開になるとすればおそらく丹波攻略はそれなりに丁寧に描かれるかもしれませんね。
(昨今の流れでいうと合戦シーンはナレーションですまされそうですが)
すでに各地では大河ドラマの放送にあわせて整備が進んでいるようですし、訪問するにはちょうどいいですね。

   
この記事のURLとタイトルをコピーする
これからあなたが訪問するお城をライフワークとして記録していきませんか?(過去に訪問したお城も記録できます)新規登録(登録は無料です)

最新記事

津山城にチラシが置いてあります

  • チラシ設置報告

津山城に攻城団のチラシを置いていただきました。

つづきを読む

菅谷館(埼玉県立嵐山史跡の博物館)にチラシが置いてあります

  • チラシ設置報告

埼玉県立嵐山史跡の博物館に攻城団のチラシを置いていただきました。

つづきを読む

【サイン本プレゼントあり】「日本の城下町を愉しむ」「新発見!江戸城を歩く」のご紹介

  • プレゼント

黒田涼先生の新著「日本の城下町を愉しむ」(東邦出版)と「新発見! 江戸城を歩く」(祥伝社新書)のサイン本を合計8名の方にプレゼントします!

つづきを読む

「出世城」バッジを公開しました

  • お知らせ

三英傑が世に出るきっかけとなったお城など、縁起のいいお城を集めた「出世城」のバッジを公開しました。

つづきを読む

攻城団レポート(2019年6月)

  • 月次レポート

先月のレポートを公開します。月間PVは落ち込んだものの、予想していたほどではありませんでした。

つづきを読む

特集記事

あなたのお城巡りをより便利に快適に、そして楽しくするためにぜひ登録してください。

新規登録(登録は無料です)

フォローしませんか

攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
(フォローするのに攻城団の登録は不要です)

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る