攻城団からのお知らせ

滋賀県における「城」の定義(賤ヶ岳城?賤ヶ岳砦?)

こんにちは、こうのです。

今日は虎御前山城、賤ヶ岳城のデータを登録しました。

いま「おやっ?」と思った方、お気持ちはよくわかります
ぼくも「虎御前山や賤ヶ岳って砦じゃないの?」と思ってました。そもそも「城」と「砦」については付城(向城)や陣城なども含めて、境界があいまいなところはありますし、その都度ケース・バイ・ケースで登録するかを検討してきました。

今回は滋賀県教育委員会が開催している連続講座「近江の城郭」の2011年(平成23年)の講座名や、2006年(平成18年)におこなわれた「近江のお城46選」の応募用パンフレットに「賤ヶ岳城」の記載があったので、オフィシャルな講座や発行物で「城」としている以上、なんらかの根拠や理由があるのだろうと考え、問い合わせることにしました。

所在地である長浜市役所歴史課から回答をいただいたのですが、滋賀県では以下の基準で区分しているそうです。

  • 室町時代に作られたものを「砦」
  • 戦国時代に作られたものを「城」

なるほど、これはきわめてわかりやすいですね。
是非や賛否はもちろんあると思います。でもこれは「100名城」に「台場」や「水城」や「環濠集落」や「チャシ」や「グスク」を入れるのかというのと同じで、おそらく満場一致の結論にはならない問いだと思うので、ぼくとしてはこうした明確な基準が存在しているのであればそれを受け入れて、登録することに決めています。
(より正確にいうなら意見が割れた場合でも「城である」と主張する側に明文化された根拠や基準があるなら登録対象とするつもりでいます)

このように攻城団の城郭データベースは必要に応じて教育委員会や市役所などに問い合わせをしつつ、登録していっています。
そのため時間がかかってしまうこともあるのですが、どうぞご理解ください。

今後も慎重に、だけど柔軟にデータベースをメンテナンスしていきますので、「これは登録対象に入るのかな」と思われた場合はまずいったんリクエストを出してください。そこから調べたりしながら検討をはじめましょう。
あと虎御前山城、賤ヶ岳城の写真をお持ちの方はぜひアップしてくださいね。

[追記]
あとは補強材料として、『領家文書』には、天正元年9月に「しつかたけの城」とあるそうですが、『領家文書』についてよくわかってないので詳しい方に教えていただきたいところ。

   
この記事のURLとタイトルをコピーする
これからあなたが訪問するお城をライフワークとして記録していきませんか?(過去に訪問したお城も記録できます)新規登録(登録は無料です)

最新記事

岩国城にチラシが置いてあります

  • チラシ設置報告

吉川広家が築城し、現在は錦帯橋から見える復興天守の姿が美しい岩国城にも攻城団のチラシを置いていただきました。天守入口の向かい側にある休憩所で入手できます。

つづきを読む

上山城のチラシが新しくなりました

  • チラシ設置報告

上山城のコラボチラシが新しくなりました。上山城郷土資料館の受付ホールで入手できます。

つづきを読む

鞠智城にチラシが置いてあります

  • チラシ設置報告

教科書にも出てくる「白村江の戦い」で大敗した大和朝廷が築いた古代山城(朝鮮式山城)のひとつ、鞠智城にも攻城団のチラシを置いていただきました。温故創生館と八角形鼓楼内で入手できます。

つづきを読む

城がたり「ちょっとわかる茶の湯講座」開催決定のお知らせ

  • お知らせ

はつみんさんが城がたり「ちょっとわかる茶の湯講座」を企画してくれました。茶道に興味はあるけど敷居が高く感じている方向けに、ご自身が学んだことからいろいろ教えていただきます。

つづきを読む

竹崎城にチラシが置いてあります

  • チラシ設置報告

有馬氏と龍造寺で争奪され、さらには「沖田畷の戦い」で島津氏の攻撃も受けた歴史を持つ竹崎城にも攻城団のチラシを置いていただきました。道の駅太良観光案内所で入手できます。

つづきを読む

記事の検索

あなたのお城巡りをより便利に快適に、そして楽しくするためにぜひ登録してください。

新規登録(登録は無料です)

フォローしませんか

攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
(フォローするのに攻城団の登録は不要です)

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る