攻城団からのお知らせ

攻城団の各種お知らせ用のブログです。毎月のレポートや新機能のご紹介など、スタッフからのサイトに関するご連絡はここに書いていきます。

石垣と石塁

マニアックな話ではありますが、「石垣」と「石塁」は厳密にはちがうそうです。

DSC01399

内部に土がなく、たんに石だけを積み上げたものを石塁と呼んでいます。 石塁は元寇の際に、博多湾沿岸に「石築地(いしついじ)」あるいは「元寇防塁(げんこうぼうるい)」と呼ばれる長大な石塁が構築されたのがはじまりで、当時の石塁はいまでも博多市の数カ所で見ることができます。

石塁の弱点は高く積み上げられない点にあります。 そのため、まず盛り土をして、その外側を石で覆うような石垣が生まれるわけですが、ようは「土塁」を石で強固にしたものが石垣ということですね。
(石垣には土塁や曲輪の崩落防止と、傾斜をより急にできるという効果があります)

石垣は石垣で水はけが悪くなるという問題があります。石垣内部に泥水が入ることで、ゆるみが生じて崩れやすくなるからです。そのため排水処理については石垣の裏側に「裏込石(栗石)」と呼ばれる小石を積み込んだり、「(とい)」をつくるなど、さまざまな工夫がしてあります。

高知城の石樋

また近年、史跡などとして整備されている城郭の石垣では、内側からの圧力により石垣が外側に膨らむ「孕み(はらみ)」という問題も起こっています。

この原因として、石垣の近くに植えられた樹木の根が押し出していることなどがあるそうですが、じっさい2011年の東日本大震災の際に仙台城や白河小峰城の石垣が崩落したのは、地震の影響だけではなくこの孕みも原因になっていたそうです。
(とはいえ、城址や史跡公園の木々を安易に伐採することもむずかしいので、なかなか困難な問題ですね)

石垣と城

中世の城郭においても2メートル程度の曲輪の「仕切り(崩落防止目的でもある)」としての石垣はありましたが、天守台などに用いる城石垣としてはじめて石垣が用いられた城は、観音寺城とも小牧山城ともいわれています。

以前は織田信長が上洛の際(1568年、永禄11年)に、六角氏の観音寺城を落とした際に穴太衆が築いた石垣を見て、その後は自身の城においても石垣を用いたという話でした。
(穴太衆は信長に雇傭されて安土城の石垣を積んだとされています)

一方で2010年に小牧市で行われた小牧山城の発掘調査では、小牧山山頂に精巧に築かれた石垣が確認されており、信長はもっと早く城に石垣を用いていたという可能性が出てきました。

小牧山城の石垣 小牧山城の石垣

調査はまだ継続されているので、これから新たにわかる事実も出てくるんでしょうね。

また石垣に用いられるのは花崗岩(かこうがん)が多く、そのため東日本の城ではほとんど石垣はありません。 とくに関東地方では小田原城や甲府城、江戸城くらいで、これは石垣の材料となる花崗岩の産地が限られていたためです(あとは財力の問題もありますね)。
なお沖縄(琉球)の城(グスク)では石垣に琉球石灰岩が使用されています。

DSC02042

天守が残っているお城は少ないんですが、石垣は多くの城で現存している遺構なので、いろいろ勉強してもっと深く味わえるようになりたいなと思っています。

   
この記事のURLとタイトルをコピーする
これからあなたが訪問するお城をライフワークとして記録していきませんか?(過去に訪問したお城も記録できます)新規登録(登録は無料です)

最新記事

3月に開催予定だったお城講座の開催中止(延期)のお知らせ

  • お知らせ
3月1日に開催予定だったお城講座「お城めぐりの基礎知識」と、同じく3月14日に開催予定だったお城講座「めっちゃよくわかる犬山城」について、昨今の新型コロナウイルス感染症に関わる状況をかんがみて、また厚... つづきを読む

「福岡県三名城」のバッジを公開しました

  • お知らせ

みなさんの投票を参考に【都道府県バッジ】シリーズの第20弾として「福岡県三名城」のバッジを公開しました。

つづきを読む

「めっちゃよくわかる犬山城」の講演資料が届きました(受講者受付中)

  • イベント案内

講師のたかまる。さんから「めっちゃよくわかる犬山城」の講演資料が届きましたのでチラ見せしますね。

つづきを読む

萩城にチラシが置いてあります

  • チラシ設置報告

長州藩主・毛利氏の居城である萩城にも攻城団のチラシを置いていただきました。

つづきを読む

攻城団レポート(2020年1月)

  • 月次レポート

毎月恒例の月次レポートを公開します。大河ドラマ「麒麟がくる」などの追い風もあり、過去最高記録を更新できました!

つづきを読む

お城入門の目次

特集記事

あなたのお城巡りをより便利に快適に、そして楽しくするためにぜひ登録してください。

新規登録(登録は無料です)

フォローしませんか

攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
(フォローするのに攻城団の登録は不要です)

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る