攻城団からのお知らせ

攻城団の各種お知らせ用のブログです。毎月のレポートや新機能のご紹介など、スタッフからのサイトに関するご連絡はここに書いていきます。

連続シンポジウム「近江戦国史」に参加してきました

滋賀県教育委員会が主催する連続シンポジウム「近江戦国史」に参加してきました。
会場は江戸東京博物館の大ホールで、1月17日に第1回目があって、昨日第2回目がありました。

すばらしい会場でした

前回(1回目)は甲賀地域の城郭の話と、六角氏や観音寺城の話で、昨日は安土城の話だったんですけど、なかなか楽しい時間をすごせました。

あと昨日は滋賀県の三日月知事も登壇者として話されてました。
岐阜市の細江市長も信長が大好きで「信長学フォーラム」を開催されてますが、戦国時代とか日本史が好きなリーダーはいいですね。ちょっと親近感がわくし、応援したくなります。

このイベントは「滋賀県に来てね」ということをアピールするために開催されています(とぼくは理解しました)。
信長の安土城を出すまでもなく、近江の地は歴史的には重要な場所なのに、滋賀県の全国的な知名度はとても低いそうです。ぼくは関西の人間だからそういわれてもぜんぜん実感がないんですけどね。滋賀にはいとこもいるし。

参加者の大半は50歳以上の方々でぼくより若い人を見つけるのがむずかしいくらいでしたけど、ぜひ現地を訪れてほしいなと思います。
新幹線だと京都までいっちゃいますけど、京都から戻ってもすぐだし(もちろん名古屋で乗りかえてもいいです)。

安土城の調査を担当されている文化財保護課の仲川さんの話もおもしろかったです。

滋賀県の教育委員会には「城郭調査担当」というすばらしい役職があるそうですが、現状3人で県内の調査をされてるとか。
安土城には「伝羽柴秀吉邸跡」といった感じで「伝・○○」な案内が多いのですが、これは「そう伝わってるけど確証はない」という意味で、じっさい「伝前田利家邸跡」については99%以上の確率でまちがってるっぽいです。

この当時の利家は柴田勝家の与力にすぎず、安土城に館をかまえられるような身分じゃなかったというのはぼくでもわかるので、まあちがうんでしょうね。
秀吉と仲が良かったからお向かいさんだった、というのはあまりにも稚拙な話ですし。

国立歴史民俗博物館の小島教授の話もおもしろかったです。

信長は当時の常識をわりと重んじてたって話をされてましたが、「織田家はブラック企業だったのか」とか現代にたとえて説明してくださってたのでわかりやすかったです。

最後のパネルディスカッションでは、いまだ明らかになっていない安土城の本丸、二の丸についての話で盛り上がってました。

『信長公記』によれば、信長はいまの皇居の一般参賀のように、庶民に安土城を見学させていたんですけど(しかも有料で)、そのときの見学ルートの記述が残っています。
で、それはいまの黒金門跡から入って、どこを通ったのかというのがはっきりとわからないみたいです。

ほかにも山麓からまっすぐのびている「大手道」も通説では天皇を迎えるために、わざとまっすぐ造らせたといわれてますが、じっさいにあんな坂を輦(れん(めちゃくちゃ豪華な輿のこと))でのぼるなんて無理だし、そもそも天皇を軽視してたとしたらそんな配慮するわけがないと。

もちろんじっさいのところはまだわからないんですけど、これから解明されていくといいですね。

2回のセミナーに参加してみて、お城や歴史を切り口に現地に来てもらうというのはすごくいいと思ったし、攻城団としてもこういうセミナーとか、現地のガイドツアーとかを開催していけるといいなあと思いました。
やりたいことばっかり出てきますが、ひとつずつ実現していけるようにがんばりますー。

   
この記事のURLとタイトルをコピーする
これからあなたが訪問するお城をライフワークとして記録していきませんか?(過去に訪問したお城も記録できます)新規登録(登録は無料です)

最新記事

攻城団レポート(2019年11月)

  • 月次レポート

毎月恒例の月次レポートを公開します。11月はテレビの影響もあって歴代2位のアクセスとなりました。いつもご利用いただきありがとうございます!

つづきを読む

「京都府三名城」のバッジを公開しました

  • お知らせ

みなさんの投票を参考に【都道府県バッジ】シリーズの第17弾として「京都府三名城」のバッジを公開しました。

つづきを読む

古宮城にチラシが置いてあります

  • チラシ設置報告

馬場信春が築いた古宮城の近くにある作手歴史民俗資料館に攻城団のチラシを置いていただきました。

つづきを読む

攻城団お城講座「めっちゃよくわかる二条城」を開催しました

  • お城講座

「攻城団お城講座」を開催しました。初回は「めっちゃよくわかる二条城」というタイトルでぼくが講師をつとめました。

つづきを読む

長篠城、古宮城、設楽原決戦場のご当地缶バッジができました

  • ご当地缶バッジ

ご当地缶バッジシリーズの最新作ができました。一挙に3つも増えたのでぜひ現地を訪問してお買い求めください。

つづきを読む

特集記事

あなたのお城巡りをより便利に快適に、そして楽しくするためにぜひ登録してください。

新規登録(登録は無料です)

フォローしませんか

攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
(フォローするのに攻城団の登録は不要です)

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る