攻城団からのお知らせ

攻城団の各種お知らせ用のブログです。毎月のレポートや新機能のご紹介など、スタッフからのサイトに関するご連絡はここに書いていきます。

聚楽第跡の石碑

仕事で近くまでいったので写真だけ撮ったのですが、聚楽第(じゅらくだい)跡の石碑です。

Untitled

ご存知のとおり、聚楽第は安土桃山時代の末期に豊臣秀吉が建てた政庁兼邸宅です。
名前は邸宅っぽいですけど、じっさいは堀に囲まれ、本丸を中心に、北の丸・西の丸・南二の丸などの曲輪を持っていて、立派な平城でした。
ただ、戦闘を目的とした城(城郭)ではなく、天守があったかどうかも定かじゃありません。
(攻城団で城として扱うかどうかはちょっと悩んでいます)

記録によると、聚楽第は1586年(天正14年)2月に着工され、翌1587年(天正15年)9月に完成しています。
秀吉が関白になったあとに築城――あえて築城といいますが――されています。
じっさいには1586年の9月9日には豊臣の姓をたまわっているので、着工時点ではまだ羽柴秀吉なんですね。あ、ちがいますね。前年に近衛家の猶子となって藤原秀吉を名乗ってたのか。まあ「関白様」って呼ばれてただろうから、苗字はあまり関係ないかもしれませんけどね。
いずれにしても秀吉がかなりイケイケだった時代に建てられました。

Wikipediaによれば

天正15年(1587年)、平安京旧大内裏跡付近に朝臣としての豊臣氏の本邸を構え聚楽第(じゅらくてい。聚楽亭)と名付ける。これより、公式記録として武家の名字である羽柴から公家の称号として聚楽亭に、豊臣氏嫡流家の呼び名が変わる。

とありますので、この聚楽第の完成をもって公式に豊臣を名乗れるようになったということなんでしょうか。ごめんなさい、このへんよくわかってません。

あとここにある「平安京旧大内裏跡」ですが、冒頭の石碑のそばにも「平安宮大蔵省跡」の石碑がありました。

Untitled

その後、聚楽第は1591年に羽柴秀次に関白職とともに譲られるわけですが、秀頼が産まれたことにより秀次との関係が悪化して、最終的に秀吉は1595年に秀次を高野山に追放して切腹させ、秀次の居城であった聚楽第も翌年以降、徹底的に破却したとされています。
自分で建てておいて、10年も経たないうちに取り壊すなんて、めちゃくちゃです。なお、取り壊す際に聚楽第の建造物の多くは伏見城内へ移築されたという説もありますが、真偽は定かじゃないみたいですね。

聚楽第は知名度のわりに、あっという間に取り壊されちゃったので不明な点が多いんですよね。
案内板も情報が少ないためか、おちゃらけた感じになっています。

Untitled

ここに書いてあるとおり、聚楽第跡の石碑はもう一箇所、「中立売通大宮西北角(本丸東堀があったとされる地点)」にもあるそうですね。
(Wikipediaにはそっちの写真があります)

   
この記事のURLとタイトルをコピーする
これからあなたが訪問するお城をライフワークとして記録していきませんか?(過去に訪問したお城も記録できます)新規登録(登録は無料です)

最新記事

攻城団レポート(2024年2月)

  • 月次レポート

毎月恒例の月次レポートを公開します。アクセスは相変わらず低調でしたが、いまはしょうがないかなと諦めています。2月は「城たび」「城がたり」を再始動したり、攻城団テレビの最新動画を収録・公開したりと活動的な一ヶ月でした。

つづきを読む

城たび〈姫ちゃりで巡る、姫路城中堀周回ツアー〉を開催しました

  • 城たび
  • 開催レポート

先週の土曜日に城たび〈姫ちゃりで巡る、姫路城中堀周回ツアー〉を開催しました。めちゃくちゃ楽しかったです。ツアー中の写真をたくさん撮ってきたので、バーチャルツアーっぽく追体験してみてください。

つづきを読む

城がたりで語り合いましょう

  • お知らせ

講演会やセミナーで教わったこと、現地説明会で聞いたこと、読んだ本の感想、訪問したお城の見どころ等々、自分が知ったことを持ち寄って「城がたり」でシェアしませんか。

つづきを読む

丸山城にチラシが置いてあります

  • チラシ設置報告

扇谷上杉氏が北条早雲に備えるために築いた城で、太田道灌の最期の地としても知られる丸山城にも攻城団のチラシを置いていただきました。伊勢原駅にある駅ナカ クルリンハウス(伊勢原駅観光案内所)で入手できます。

つづきを読む

大桑城にチラシが置いてあります

  • チラシ設置報告

美濃守護・土岐頼芸の居城で、現在は城址までの登山道が整備されている大桑城にも攻城団のチラシを置いていただきました。はじかみ林道、古山城登山道とそれぞれの登山口で入手できます。

つづきを読む

記事の検索

あなたのお城巡りをより便利に快適に、そして楽しくするためにぜひ登録してください。

新規登録(登録は無料です)

フォローしませんか

攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
(フォローするのに攻城団の登録は不要です)

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る