熊本城
熊本城

[熊本県][肥後] 熊本県熊本市中央区本丸1-1


  • 平均評価:★★★★☆ 4.07(10位)
  • 見学時間:1時間29分(18位)
  • 攻城人数:2235(19位)

熊本城周辺の宿泊施設

宿の情報は じゃらん から取得しています(お城から10km以内にある宿が最大100件表示されます)

団員のレビュー

近辺の宿泊施設のうち、団員のレビューが投稿されている施設をご紹介します。


こうのさん
KKRホテル熊本(国家公務員共済組合連合会熊本共済会館)

仰々しい名前のホテルですが、誰でも宿泊できます。ここは部屋からライトアップされた大小天守が見れるのでオススメです。
南側から天守を見れるホテルはいくつかありますが、北側からはここだけじゃないかな。


コースケさん
熊本ホテルキャッスル

予約するときはお城側の部屋を指定してください。熊本城がきれいに見えます。ロビーには黒澤明監督の「月の城」の絵コンテが飾られていました。老舗ホテルで重厚感がありますが、接客はテキパキされて気持ちいいいです。調度品でいうと加湿除湿機は部屋設置ではありません。お願いすれば貸し出してくれるそうです。お風呂は蛇口シングルショットではないので、温度調節が手間かなという程度です。


こうのさん
熊本ホテルキャッスル

(お城側の部屋を指定すれば)ライトアップされた熊本城も見えるし、なにより繁華街から近いので便利です。朝食付きプランで食べた和食が抜群においしかった。


こうのさん
アークホテル熊本城前―ルートインホテルズ―

お城の東側にあるので、二の丸広場や城彩苑までは少し距離があるけど余裕で歩ける距離です。むしろ加藤神社のほうが近いので夜の散歩&撮影には好立地。
部屋やレストランから天守は見えますが、目の前に鉄塔があるので写真を撮るには向いてなさそう。夏は屋上でビアガーデンをやってるので、もしかすると屋上からだとライトアップっした天守がきれいに撮れるかもしれません(未確認)。
フロントの対応などはとてもよかった。


道大さん
東横イン熊本城通町筋

市電の駅が目の前にあります。
熊本城も徒歩圏内で、お城の周り一周歩いても苦にならず、お城の休憩所と、城彩苑で買ったたくさんのお土産を置きに、ホテルに戻り、汗を流してまたすぐ出かけられました。
くまモンスクエアも徒歩1分で、くまモンに会った後、買い忘れたお土産を買いに城彩苑に戻りました。下通り、上通りもすぐ近くで食事や買い物には困りませんでした。
部屋は狭かったですが、無料朝食もありとても便利に過ごしました。
リムジンバスや高速バスのバス停も徒歩1分もかからなかったので、好立地でお財布にも嬉しいホテルです。


シュウイチ100%さん
熊本ワシントンホテルプラザ

過去3回ほど利用しています(直近では2018年5月)感想は、いたって普通のビジネスホテル。
熊本城からは徒歩圏内ですが少し離れています。また、最上階のレストラン「三十三間堂」からは市内が一望できますが城はあまり見えません。
しかし、繁華街・下通に近いので、熊本の美味しいものやお酒を楽しもうという方にはオススメです。ホテル真横のラーメン屋も、美味くて夜遅くまで開いているので、飲んだ後の締めの一杯で必ず立ち寄ってます(ただし熊本ラーメンではなく久留米ラーメンのようですが・・・)


黄金玉子さん
ANAクラウンプラザホテル熊本ニュースカイ

快適に過ごせた。くまモンが助手席にすわり、色々なくまモンがデザインされた送迎バスを利用。ノベルティも部屋も食事もよかった。旅行で買い求めた品物を宅急便で送ったがその箱にまでくまモンが描かれていた

レビューを投稿するには
このページに表示されている地図からホテルを選び、詳細ページを表示すると右上に「レビューを書く」という緑のボタンがありますので、これを押すと入力欄が表示されます。ほかの団員にオススメできるいい宿を見つけたらぜひレビューをお願いします!

広告 宿の予約サイト

その他の宿を検索するならこちらからどうぞ。

攻城団は以下のアフィリエイトプログラムを利用しており、このページから宿を予約していただいた際に入る手数料は運営費の一部とさせていただいております
バリューコマースもしもアフィリエイトA8.net
フォローしませんか

攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
(フォローするのに攻城団の登録は不要です)

今日のレビュー

とまどい本能寺の変

 本能寺の変が起こったことで、翻弄されとまどう人たちを描いた7篇と、本能寺の変の謎を作者岩井三四二が検証し、驚きの結末を導き出した「本能寺の変に黒幕はいたか」の計8篇の短編集。
 大きな存在である信長の死によって、身の処し方に右往左往する人たちに視線を向けることは今まであまりなかったので、とても新鮮。命のやり取りが当たり前な当時としては至極当然な戸惑いだなと、妙に納得もしました。
 重厚なイメージのある戦国ものの中で、サクッと読みやすいお話です。

黒まめさん)

書籍ページを表示する

すべてのレビューを表示する

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る