幸丸(さちまる)さん 奉行 サポーター   フォロー

栃木県に詳しいです。愛車はNone、年間2万2千kmほど走り回ります。

幸丸さんのタイムライン

幸丸さん が  桑窪城(栃木県高根沢町) の写真をアップしました(2022-01-02)

堀跡
堀跡

虎口右の横矢がかり張り出しと

幸丸さん が  中村城(栃木県真岡市) の写真をアップしました(2022-01-02)

堀跡
堀跡

東北側

幸丸さん が  中村城(栃木県真岡市) の写真をアップしました(2022-01-02)

城碑
城碑

幸丸さん が  桑窪城(栃木県高根沢町) を攻城しました(2022-01-02)

幸丸さん が  中村城(栃木県真岡市) を攻城しました(2022-01-02)

幸丸さん が  要害山城(山梨県甲府市) を攻城しました(2021-11-05)

幸丸さん が  岩殿城(山梨県大月市) を攻城しました(2021-11-01)

幸丸さん が  直峰城(新潟県上越市) を攻城しました(2021-10-09)

幸丸さん が  春日山城(新潟県上越市) を攻城しました(2021-10-09)

幸丸さん が  福嶋城(新潟県上越市) を攻城しました(2021-10-09)

幸丸さん が  鮫ヶ尾城(新潟県妙高市) を攻城しました(2021-10-08)

幸丸さん の読者投稿欄「城めぐりをきっかけに(城以外に)興味を持ったことがあれば教えてください」への回答が更新されました(2021-10-01)

昔の街道です。
攻城団の地図を見るとお城マークが並んでいる所がありますね。栃木県では宇都宮の北、矢板から福島県白河市まで、国道4号線、JR東北本線沿線には城が無く、30キロ程東の黒羽を通る街道沿に那須氏の城が並んでいます。その他、信玄の三河侵攻ルートの1つ、青崩は今、通れる道が無いとか。政宗の会津侵攻ルートは何故あそこ?とか。

幸丸さん がコレクション「 児山城 御城印 色紙版(背景あり)」にコメントしました(2021-07-14)

ヤマユリを売りにして、今、七分咲きです。この期間だけ、仮設テントで御城印の販売もしています。

幸丸さん が  玉城(岐阜県関ケ原町) を「行きたいお城」に登録しました(2021-06-04)

幸丸さん が  足利城(栃木県足利市) の写真をアップしました(2021-06-01)

縄張り図
縄張り図

山頂、本丸の一つ南(図の下)の平坦地が見晴らし最高の場所で今回の山火事の火元にあたります。

幸丸さん が  茂木城(栃木県茂木町) の写真をアップしました(2021-05-11)

案内図
案内図

現在の案内板の図は色があせ、本丸のあたりのペンキがはがれているので、(てつさんの写真もそうなっています)10年前の写真を送ります。当時の写真には説明文まで収まっているものが無いので、最近写したものから、色褪せかけている解説文を文字起こししておきました。
 写真をこのままあげると日付じ順で最後尾になってしまうので、できれば城メモ等アーカイブ的な保存がなされたらいいかなと思います。
茂木氏と茂木城
鎌倉幕府の有力御家人八田家は、奥州藤原氏討伐の際の功により、源頼朝から下野国茂木郡を賜り、三男知基をしてここを守らしたのが建久3年(1192年)である。
知基はこの地の桔梗山に城を築き茂木氏を名乗った。以後400年16代にわたり茂木氏の居城となり、慶長15年(1610年)細川興元によって廃城になるまで続いた。
 茂木氏は武勇の士として知られたが、特に南北朝時代には大いに武名があがり歴史のなかに度々現れる。その間二度にわたり落城もしている。
 徳川氏の時代になると、佐竹氏と共に秋田へ転封になり茂木氏の時代は終わった。細川忠興の弟興元は茂木を領するや、城下の盆地に陣屋をつくり茂木城を廃した。
 その後茂木城跡は耕地や山林として利用されたが、空堀や土塁、池などの戦国時代の山城の戦力的な機能はそのまま保存されており、茂木町の誇れる文化財になっている。

幸丸さん が  森田城(栃木県那須烏山市) の写真をアップしました(2021-05-06)

本丸
本丸

狭い朔平地をヤマツツジが占領しています。右奥に案内板が。

幸丸さん が  森田城(栃木県那須烏山市) を攻城しました(2021-04-30)

幸丸さん が  茂木城(栃木県茂木町) を攻城しました(2021-04-27)

幸丸さん が  茂木陣屋(栃木県茂木町) を攻城しました(2021-04-27)

このアカウントをフォローすれば「最近のひとこと」などの活動履歴をもれなくチェックすることができます。
フォローしませんか

攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
(フォローするのに攻城団の登録は不要です)

今日のレビュー

真田信之 父の知略に勝った決断力 (PHP新書)

群馬の真田三名城めぐりに行く前に読み始めました。実はまだ読み終わっていませんが、信幸も父や弟とは違う策士っぷりがうかがえます。自分も長子なのでついお兄ちゃんに肩入れしたくなってしまうのもありますが。

わんぱく姫さん)

書籍ページを表示する

すべてのレビューを表示する

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る