()さん 足軽大将   フォロー

生まれは岡山、現在は京都在住
城の縄張りについてはまだまだ勉強中
歩いて登ったり攻めたりするのは苦にしないタイプです
おもてなし武将隊に興味をもってからは全国あちこちに遠征を始めました

聡さんのタイムライン

聡さん が  大阪城(大阪府大阪市) の写真をアップしました(2020-11-16)

大手門から櫓越しに天守を望む
大手門から櫓越しに天守を望む

こうして見るとやっぱり広いなぁって思いますね

聡さん が  大阪城(大阪府大阪市) の写真をアップしました(2020-11-16)

外堀越しの石垣
外堀越しの石垣

整然と連なる美しさ
自分だったらどう攻め入ったらいいのか皆目分からないですね

聡さん が  大阪城(大阪府大阪市) を攻城しました(2020-11-15)

聡さん が  福知山城(京都府福知山市) の写真をアップしました(2020-10-06)

明智藪
明智藪

お城から少し歩いたところにあります

聡さん が  福知山城(京都府福知山市) の写真をアップしました(2020-10-05)

天守石垣の転用石
天守石垣の転用石

分かりやすい場所にあります

聡さん が  福知山城(京都府福知山市) を攻城しました(2020-10-05)

福知山駅からは徒歩で行けます
中心部は街並みも楽しみながら結構歩いて回れます

聡さん が  熊本城(熊本県熊本市) の写真をアップしました(2020-06-28)

二様の石垣
二様の石垣

聡さん が  岡崎城(愛知県岡崎市) の写真をアップしました(2020-06-22)

天守
天守

中の展示もなかなか良き

聡さん が  備中高松城(岡山県岡山市) の写真をアップしました(2020-06-22)

ごうやぶ遺跡
ごうやぶ遺跡

主君清水宗治を追って家臣が自刃した跡だそうです

聡さん が  備中高松城(岡山県岡山市) の写真をアップしました(2020-06-22)

清水宗治自刃の碑
清水宗治自刃の碑

聡さん が  忍城(埼玉県行田市) の写真をアップしました(2020-06-21)

丸墓山古墳
丸墓山古墳

石田三成が水攻めの際に本陣を置いた場所

聡さん が  忍城(埼玉県行田市) の写真をアップしました(2020-06-21)

御三階櫓
御三階櫓

隣の資料館もおすすめです

聡さん が  備中高松城(岡山県岡山市) の写真をアップしました(2020-06-17)

秀吉本陣跡
秀吉本陣跡

まずは最上稲荷に御参詣を
境内の妙見堂を目指し、その先の坂を上ったところにあります
見下ろす現代の風景はとてものどかです

聡さん が  備中高松城(岡山県岡山市) の写真をアップしました(2020-06-17)

清水宗治の供養塔
清水宗治の供養塔

城址からすぐの妙玄寺にあります
立派になりました

聡さん が  備中高松城(岡山県岡山市) の写真をアップしました(2020-06-17)

清水宗治の首塚
清水宗治の首塚

本丸跡にあります 

聡さん が  備中高松城(岡山県岡山市) を攻城しました(2020-06-17)

車でなければJRの駅から徒歩移動になります(交通の便はあまりよくないです)
さらに歩くと日本三大稲荷の最上稲荷があり、秀吉本陣址があります
歩きやすい靴で行くのがおすすめです

聡さん が  高取城(奈良県高取町) の写真をアップしました(2020-06-17)

本丸へはこちらです
本丸へはこちらです

クマちゃんが可愛くて、つい……

聡さん が  熊本城(熊本県熊本市) の写真をアップしました(2020-06-17)

加藤神社より
加藤神社より

加藤神社から見た工事中の天守(2019年1月)

聡さん が  熊本城(熊本県熊本市) の写真をアップしました(2020-06-15)

本妙寺からの熊本城下
本妙寺からの熊本城下

加藤清正の廟所である浄池廟から見下ろす風景が好きです
天気がいい日は阿蘇が一望できるそうです

聡さん がプロフィールを更新しました(2020-06-14)

生まれは岡山、現在は京都在住
城の縄張りについてはまだまだ勉強中
歩いて登ったり攻めたりするのは苦にしないタイプです
おもてなし武将隊に興味をもってからは全国あちこちに遠征を始めました

このアカウントをフォローすれば「最近のひとこと」などの活動履歴をもれなくチェックすることができます。
フォローしませんか

攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
(フォローするのに攻城団の登録は不要です)

今日のレビュー

天地雷動 (角川文庫)

武田信玄の他界から長篠の戦いまでを描いた小説です。
武田勝頼、徳川家康、羽柴秀吉の視点で物語が進みます。各章には日付とともに各人の挙動や思いが描かれ、長篠の戦いに至るまでの経過も楽しめました。巻頭には長篠城周辺の地図が記載され、状況を理解しながら読み進めることができました。
この物語の続きは、同著者の「武田家滅亡」で描かれ、あわせて読むとさらに楽しめます。

伝もものふ山田(ヤマー)さん)

書籍ページを表示する

すべてのレビューを表示する

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る